2014年09月27日

THE MANZAI特番の感想 〜漫才を壊す若手、漫才を守るベテラン〜

THE MANZAIの特番が面白かった。
認定漫才師50組が1分半ずつネタを披露するという番組で。
3時間の番組の中でベテランから若手まで様々な種類の漫才を観ることができました。

今回、特に思ったのは漫才を壊すネタが増えたなということ。
例えばさらば青春の光はこんなネタをやってました。

「じゃあここで練習してみよ?」
「今?」
「今」
「ここで?」
「ここで」
「いや、練習はハズいわ」


もはやコントに入る漫才の定番の台詞「じゃあやってみよう」って言うのを、
完全にイジリに来ているネタだと思うんですが、
こういういかに漫才の教科書に載ってないネタをやるかっていうのが、
もう今の時代のある種のスタンダードになりつつあるんですかね。

かつてはM-1でジャルジャルが「一回内容聞いてるから新鮮な反応できない」とか、
同じTHE MANZAIではアルコ&ピースが「忍者になって巻物取りに行く」とかやりましたけど、
漫才の構造イジリのネタはまあ出始めてきたなって感じで。

でもそれだけじゃなくても、三四郎のネタとか、あと若手でもチラホラいたけど、
台詞にはしないけど「漫才を上手くできない」ことを笑いにしていたりだとか、
ボケはあえて弱くして、ツッコミで笑い取るみたいなやつとか。
従来の漫才の「ボケです!」「ツッコミです!」っていう人たちと、
違うベクトルのネタが増え始めましたよね。

そうなって来ると面白いのは、それを迎え撃つ側との構図が生まれることかなと。
漫才を壊そうとする若手がゾロゾロと出始めて来た中で、
それでもベテラン勢は従来の漫才で彼らと戦うわけですよ。

「もう教科書とか古いんすよ」っていう側と、
「ベタがあっての変化球なんだよ」っていう側とがいて。

それで迎え撃つ側に今回はザ・ぼんちがいるわけでしょう?
なんかここに番組側の意図が出ているような気がしてならないんですよね。
つまりは新古の戦いの中であえて大物を引っ張ってきたというね。

まあ去年はウーマンの優勝だったわけで、
彼らはまだ従来の"漫才の強さ"を信じているようなコンビでしたが、
今年あたりはそろそろ「なんだこの漫才!?」みたいなのがチャンピオンになりかねないと。
ベテラン勢はその防波堤を築くことができるのか、はたまた踏み台と化すのか。
それを考えるとザ・ぼんちを上げるのかってところも含めて面白くなりそうですよね。

さらばもそうですが、トップリードとかのコント勢が参加していたり、
阿佐ヶ谷姉妹という飛び道具もいますからね。
その中で"新しい漫才"が場を支配するのか、"従来の漫才"がそれを許さないのか。
そこが見どころだと言えそうですね。



さらば青春の光「なにわナンバー」 [DVD]
さらば青春の光「なにわナンバー」 [DVD]
アニプレックス 2011-10-26
売り上げランキング : 61190


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 市村 at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

グラビティフォールズ

グラビティフォールズというアニメにハマっている。

ディズニーチャンネルで放送しているこのアニメ。
嫁が「超面白いアニメがあったから観て」と言ってきたので観た。
超面白かった。

物語の趣旨はというと、
夏休みの間だけ親戚の大伯父さんの家に預けられた、
男女の双子メイベルとディッパー。
彼らの住むグラビティフォールズという街では不思議な出来事が起こる。
的な話。

この双子が可愛いのなんのって。
「あそこ可愛いよね」だけでいくらでも話せる。

面白いのは「双子の男女」っていう設定。
"友情"とも違うし、"恋愛"とも違う。
"兄弟"なんだけれども、
どちらが"上"も"下"もない。
"双子"だから"同じ"なのに"男女"だから"違う"。
この関係性って他にはなくてすごく面白い。

それにしても可愛い。
正確に言えば"可愛らしい"。

ぼくが好きな回はディッパーが男らしさを求めて修行をする回。
ラストにマルチベアーっていう頭が6個あるクマと戦うんだけど、
(いや、そもそも頭6個あるクマって。そしてマルチベアーって。)
ディッパーに追い詰められたマルチベアーが言う台詞。

「分かった、降参だ。
 最後に好きな曲を聴かせてくれ。
 そのカセットにセットしてある。
 再生ボタンを押してくれればいい」

超、笑った。
それで再生ボタンを押すとディッパーが好きな曲が流れて、

「うそだろ僕も好きだよ! ダーンシーングガール♪ 」

と2人で歌って、和解。
超、笑った。

そして帰ってきたディッパーを見つけたメイベルがファミレスの窓から、

「ディッパー!メイベルだよ!ガラス越しに見えてるよ!聞こえる!?中から話しかけてるよ!」

超、可愛い。

超、好きだ。
超、面白い。
posted by 市村 at 01:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

ワールドワールドワールド

ふと聴いた『ワールドワールドワールド』が良かった。
ASIAN KUNG-FU GENERATIONの話。

聞けば前作の『ファンクラブ』はフロントマンの後藤正文が我を全面に押し出した作品だったらしい。
自分と向き合って、より内向的に内に内に向いたアルバムだったという。
アルバムのジャケットは単色で描かれていた。

一方『ワールドワールドワールド』を聴くと、大きなエネルギーを感じる。
それこそまるで世界の隅々まで届かせる、大きな遠心力が効いているような。

しかしながら、この作品は単に世界の広がりだけを歌っているわけではない。
前作、全体として暗みで覆われた内面的な『ファンクラブ』。
その後の作品としての『ワールドワールドワールド』は、
まるで2曲目と3曲目がその係りに対する結びになっているように見えるのだ。

『アフターダーク』は日本語にすれば"闇の後で"となる。
『旅立つ君へ』はその名の通り、"旅立つ前"のお話である。

"喪失"や"虚無"を歌った前作。
しかしながら前作のそれを否定するのではなく、
「闇は抱いたまま」、「傷は開いたまま」、
その上での"始まり"をここでは歌っている。

「世界」を歌ったこのアルバムの前には、一人の人間の孤独な胸の内があった。
その小さな小さな収縮が、この大きな大きな膨張となり、
その広がりを捉えるのが「世界」という単語だったように思う。
ジャケットは鮮やかな多色で塗られていた。

ワールド ワールド ワールド
ワールド ワールド ワールドASIAN KUNG-FU GENERATION

キューンレコード 2008-03-04
売り上げランキング : 11935


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 市村 at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。