2010年08月08日

"てれびのスキマ電子書籍化"の感想

みなさん、甲子園の砂を転売する球児を取り締まっていますか? 市村です。
今回は僕が普段拝見させていただいているブログ『てれびのスキマ』さんが電子書籍になるというので、その紹介です。

2010-08-08 - てれびのスキマ

詳しくはてれびのスキマさんのサイトを観て頂きたいのですが、
電子書籍サイトの「WePublish」から購入(無料)できるようですね。

以前からこのブログの管理人さんはお笑い雑誌にコラムを書いていたりと、
その実力は折り紙つきだったわけですが、
ついにそのブログが電子的に書籍化するということで、
僕としても少しでも応援したいなという気持ちで、今回ブログに書いてみました。

電子書籍について、色々な論争が巻き起こっておりますが、
単純に"書籍化"のハードルが下がるのはメリットの一つかもしれませんね。
これを機にまとめてブログの内容が読めるということで、
パッケージ化することの意味もあるように思います。

このようにブログなどで無料でコンテンツ提供してくださっている方々の作品が、
今後インターネットを通してプロと同じ市場に出るようになるのでしょうか。
プロとアマチュアが同じところに混在することで、
もはやその垣根すら無くなってしまうのかもしれません。
その中で単純に面白いもの、価値があるものが読まれればいいわけで。
これまで無料で良質なコンテンツを提供してきた方々に
何かしらの対価が支払われるようになれば良いなぁとも思ったりします。

iPhoneの登場以降、徐々にその形態を変えているインターネットの世界。
その中でコンテンツのありかたが見直されるような気がします。
コンテンツを提供する側と享受する側。
それぞれが多様化する中で、電子書籍はどのように生活に入り込んでくるのか。
僕は楽しみに待ちます。


「てれびのスキマ」http://d.hatena.ne.jp/LittleBoy/

電子書籍サイト「WePublish」>> http://wepublish.jp/

「てれびのスキマ」(電子書籍版)>> http://wepublish.jp/products/detail.php?product_id=46




twitterやってます→市村 (ichimura11) on Twitter

クリックお願いします。
目指せ月間1万5000PV!!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ポッドキャストもよろしく!
LHFポッド"TAKE OUT"





posted by 市村 at 19:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

"radiko、視覚障害者の皆さんに不親切との噂"の感想

みなさん、ラジオが大好きで眠れませんか? 市村です。
今回は是非読んでいただきたい記事があるのでそれを紹介します。

radiko、視覚障害者の皆さんに不親切との噂。: ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!

twitterの普及によって、ユーザーとユーザーがリアルタイムで繋がれるようになりました。
それによって音声メディアであるラジオが再評価されようとしており、
「radiko」のサービス開始によってしの親和性はますます高まっていると思います。

そんな中で「radiko」が視覚障害者の方に不親切ということが取り上げられております。
上のブログ内で紹介されているブログを引用します。

Radiko.jpが始まったが・・・ - 中途視覚障害者のパソコン教室から - Yahoo!ブログ

本来ラジオにおいては健常者も障害者の方も無いはず。
しかし「radiko」はそんなラジオを扱っているにもかかわらず
障害者の方への配慮がされていないということみたいですね。

ラジオが大好きな僕にとっても、ラジオが皆さんに聴いて頂けるのは嬉しく思います。
そんな中で音声のラジオが障害者の方に優しくないというのは残念ですね。
注目されている「radiko」ですが、よりよく改善されていくと嬉しいです。


twitterやってます→市村 (ichimura11) on Twitter

クリックお願いします。
目指せ月間1万5000PV!!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ポッドキャストもよろしく!
LHFポッド"TAKE OUT"





タグ:ラジオ radiko
posted by 市村 at 00:33 | Comment(4) | TrackBack(2) | ブログの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

"町山智浩の映画批評"の感想 〜でもやるんだよ〜

みなさん、映画館のポップコーンを床下にぶちまけていますか? 市村です。
昨夜、町山智浩さんの新宿ロフトプラスワンで行われたトークライブの
USTのアーカイブを観ておりました。
いつまで観られるか分かりませんが、一応リンクを貼っておきます。

町山智浩帰国トークライブ(その1), LOFTch on USTREAM. その他

町山智浩帰国トークライブ(その2), LOFTch on USTREAM. その他

もうこれが伝説かってくらい素晴らしい内容で。
町山智浩さんなりの映画批評とは何か、そして映画批評家とはなんなのか。
その中で自分がやらなければいけないことについてお話されていて、
もうかっこよすぎて、動画を観て本当に良かったと思いました。
もしも動画が観られない方は死んだ目でダブルピースさんがそれについて書かれているのと、
Togetterでまとめが作られているので是非。

Togetter - 「町山智浩帰国トークライブ@ロフトプラスワン 2010/7/28」

いや、それにしても素晴らしい内容のライブでした。
まず冒頭で町山智浩さんがおっしゃっていたことは、

・全ての映画には他の映画への関連性がある
・よって他の映画の関連性を論じていない批評は論外
・同時に周辺の資料を調べていなきゃダメ

このような前提がある中で、現存する"映画ライター"で上のことをやってる人がいないと。
同時に「映画の解釈は自由だ」という意見が氾濫する中で、「それは違う」と。

"解釈の段階"というものがあって、映画はストーリー、内面、テーマの階層がある。
下に行けば行くほど意見は多様化することは間違っていない。
しかしストーリーの部分はほぼひと通りの解釈しかありえない。

町山智浩さんはそのように語っていて。
つまり、前提としてストーリーを正しく読み解けないと、
一般的な解釈である集合的な知が否定されてしまう。
そのストーリーの部分を正しく論ずるのが"映画評論家"の仕事であると。

ライブの後半で町山さんは「ハートロッカー問題」という言葉を口にします。
これはライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル内の、
『シネマハスラー』という映画批評コーナーにおいて行われた、
宇多丸氏の批評について町山さんが意見をしたという事件のこと。

放課後DA★話特別編【Part 1】 (ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル)

放課後DA★話特別編【Part 2】 (ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル)

放課後DA★話特別編【Part 3】 (ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル)

こちらもかなり聴きごたえのある内容なので聴くことをおすすめします。
そこで語られた町山さんの「Calling(使命)」の話。
ハートロッカーやマイレージマイライフという映画では、
主人公が絶望を感じながらもそれでも自分に課せられた使命を感じ仕事をする。
それが根本敬さんの「でもやるんだよ」ということだと町山さんは語ります。
大人とは荷物を背負うことだと。
使命を感じて、それを遂行すること。
そしてその動機は才能や自信によって起こるものでなく、
ただ単純に他にやる人がいない、つまり自分がやるしかないという思いからなのだと。

町山さんは「映画批評は今後それ自体が作品になっていかなくてはいけない」と言っていましたが、
もはやこの"映画批評批評"自体が一つの作品のような素晴らしさで。
町山智浩という人間の覚悟を感じさせられるような内容でした。

本物の仕事人は自分のやらなければいけないことが見えていて、
それをある部分では"仕方なく"遂行しているのだと、考えさせられました。
それこそが究極の他己実現であり、自己実現であると、僕は思いました。







twitterやってます→市村 (ichimura11) on Twitter

クリックお願いします。
目指せ月間1万5000PV!!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ポッドキャストもよろしく!
LHFポッド"TAKE OUT"






posted by 市村 at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

"いんたぶ!"の感想 〜インタビュアへの道〜

みなさん、「修正液」という字を消しゴムで消していますか?
さて、今回はLHF新聞の編集者として、インタビューをしてきました。

いんたぶ!第一回:アルベイン - LHF新聞

いやいや、インタビューとはおこがましい。
こんなのただの"いんたぶ"だ!
というよく分からない理由で、
コーナー名は「いんたぶ!」にしました。
よろしくお願いします。

そんなこんなで第一回はLHFのアルベインこと、てってにお願いしました。
スカイプで軽く質問して、それをまとめただけなのですが。
まあまあインタビューっぽくはなっているのかなと。

とりあえずこんな感じでLHFのメンバーのみなさんに
インタビューやらなんやらをお願いしていきたい。
それによってメンバーさんを紹介できれば嬉しく思います。

まあそんなこんなでLHF新聞もよろしく頼むのです。






クリックお願いします。
目指せ月間1万5000PV!!



ポッドキャストもよろしく!
LHFポッド"TAKE OUT"


LHFのHP
ホーム - ichimura11s jimdo page!



posted by 市村 at 17:13 | Comment(4) | TrackBack(0) | ブログの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

"爆笑問題がオンエアで見た「情熱大陸」田中編"の感想 〜圧倒的田中力〜

先日放送された「情熱大陸」。
爆笑問題を2週を使って一人一人にスポットを当てる。
先週はその「田中編」が放送され、話題を呼んでいた。
僕はと言うとATSUSHIとファミレスで"情熱議論"をやっていてまんまと見逃したわけですが。

とまあ「情熱大陸」なんですが、今回はそれをとりまく周りの状況もけっこう面白いです。
そこらへんを"はてなでテレビの土踏まず"さんが詳しく書いてくれているので、
それを紹介したいと思います。

まずは放送を見逃してしまった僕みたいな人はこの書き起こしを読みましょう。

「情熱大陸」爆笑問題・田中裕二の全発言 - はてなでテレビの土踏まず

まあこの放送の様子を読んでも、田中さんすげえなと。
なんとなく田中さんの"変な人"っていうのが伝わってくる。
周りのタレントさんの声を聞いても、やはり評価は高い。
(まあコメントは"凡人"とか"普通"とかが多いけどw)

それで、さらに読んで欲しいのは、これに関しての伊集院光のラジオでの発言。

「情熱大陸」ディレクターと伊集院光が共鳴した爆笑問題・田中の「何も無さ」 - はてなでテレビの土踏まず

以前から「田中さんの"田中力"がすげえ」という論を持っている伊集院光。
「爆笑問題は天才と普通の人って思われがちだけど、田中さんは田中さんで化け物だよ」
とラジオでも語っていた。
そんな伊集院光にコメントを求めに来た「情熱大陸」のディレクターがこんなことを言う。

「とにかくあの田中さんという人が、何も無い人なんです!」
「あの人はね、猫と野球と仕事しかないんです!」


これに関して伊集院光は、
「太田さんという天才の横で"猫と野球と仕事だけ"だから凄い」
とコメントします。


ここまで本放送と、その後ろ側について知ることができたわけですが、
さらに面白いのはオンエアを観た爆笑問題二人の感想が面白いです。
こちらもラジオで語っていたわけですが、二人の副音声的な裏話が面白い。

爆笑問題がオンエアで見た「情熱大陸」田中編 - はてなでテレビの土踏まず

これを読んで感じるのは二人がお互いを認めてるっていうところだと思います。
田中さんは自らを「おれこんなに凄くない!」って言うし、
太田さんも「お前はこんなに凄くない!!」って言うんだけど、
同時に太田さんは「でも数字取るんだよな・・・」という事実は認めている。
以前太田さんの奥さんであり、所属事務所の社長でもある太田光代さんが、
「田中のやりたいことやらせた番組は当たる」
って言ってたんだけど、これこそが誰もが認める"圧倒的田中力"なんだなと。
誰もが"普通じゃない"中では、"普通"というのも普通じゃない。
そんなところが垣間見れる、素晴らしい回だったのではないかと思います。


今回、皆さんに読んで欲しくて一方的にはてなでテレビの土踏まずさんを紹介させて頂きました。
このようなテレビ評のブログをお書きになっている、僕の大好きなブログのひとつです。
この記事を読んでさらに「情熱大陸」を面白く観ることができました。
僕もこんなブログが書けるように、日々精進しなければなりません。





クリックお願いします。
目指せ月間1万5000PV!!



ポッドキャストもよろしく!
LHFポッド"TAKE OUT"


LHFのHP
ホーム - ichimura11s jimdo page!



posted by 市村 at 09:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブログの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。