2011年02月13日

"3名でシンプルな匿名チャットが楽しめる『lissn』"の感想 〜英語であそぼ!〜

これ面白そう〜!

3名でシンプルな匿名チャットが楽しめる『lissn』 - 100SHIKI 〜 世界のアイデアを日替わりで

いや、最近英語を勉強したいなと思いまして。
持論として英語は「音読」と「英作文」やればできるようになるかなと。
最近は映画も字幕で観て、できるだけ英語を聴くようにしたりもしています。

というわけで紹介されていたのはこのサイト

Lissn :: Instantly meet people around the world!
どうやら英語で簡単なチャットができるサイトらしい。

早速やってみた。

百式さんのリンクをクリックすると、
いきなりこんな画面が表示されます。

スクリーンショット(2011-02-13 15.40.32).png

「begin」をクリックするといきなりチャットがスタート。

「Hello」や「Hi」という軽いあいさつをすると、
相手から「あなたのブログからやってきました」というような文が。
どうやら百式さんから飛んだために下に百式さんのアドレスが表示されたみたい。
なので、勘違いしてもらっては困るので、弁解します。

スクリーンショット(2011-02-13 15.40.02).png

みたいな感じで簡単なやりとりができます。
ぜんぜん英語に関しては自信がないぼくですが、
それでもなんとなくで通じるので、楽しいです。

さらには国籍がUSAの方が「konnichiwa」と入力してきて、
なにかと思ったら日本語を勉強しているアメリカ人でした。

いやー、面白いですね。
しばらく日本語と英語でチャットしてみました。
シンプルなサイトなのでアクセスすれば簡単にチャットができますし。
ちょっとハマりそうです!



posted by 市村 at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

ブログ意見交換会

先日、ブログをやっている友人とTwitter上で盛り上がりまして。
内容は「ブログ」について。
やめない人たち」でも色々な方にネット上の活動のインタビューをしていましたが、
個人的にも他の人がどうやってブログを書いているかが気になっていました。
というわけでお互いにブログについて"質問"をして、
それに答えることでお互いブログをどう考えているのかを書こうと。

というわけで友人のブログはコチラです。

ブログ意見交換会|キャプテンのブログ

彼の回答についてはあとで触れるとして、
ぼくに来た"質問"と、それについてのぼくの回答を載せたいと思います。


1どんな時に書くか 

うーん、いきなり少し難しい質問ですが、
やはり「思い立ったときに書く」のが正しいですかね。
基本はPCで執筆・更新しているので、
出先でなんとなく"書くこと"を決めて、メモしておき、
家に帰ってからメモなどをもとに一気に書き上げます。

2自分で読み返すことがあるか 

基本的には読み返す方だと思います。
というのも映画や小説の感想を書いているので、
「あの作品についてどう書いたっけな?」
というのを思い出すために、読み返します。
何回も読み返しているわけではありませんが、
気になったときは読み返して思い出すことがあります

3宣伝したり読者を増やす工夫をしてるか 

基本的にはTwitterで更新tweetをするくらいでしょうか。
一応はランキングなんかも登録はしましたが、
ぜんぜんチェックしていませんね。
このブログは"検索"でやってくる人が多いみたいなので、
あとはその"入り口"を多くしたいなぁとは思います。
そのためにも数を書くことが大切なのかなと。

4書く上で気をつけてることはあるか 

やはり「読みやすさ」ですね。
一つの文が二行にまたがると読みにくいかなと思って、
句読点のたびに改行したりはしています。
あとは文章のリズムと言いますか、
言いたいことが"あっちこっち"に行かないようには気をつけています。
基本はワンテーマで一つの記事にするように意識しています。

5世に言う人気ブロガーは面白いのか 

いろいろな人気のあり方があるとは思いますが、
人気があるのにはそれなりの理由があると思います。
「面白い」もその一つですし、「有益な情報」だったり、
「便利なサイト」というのもあるでしょう。
一つ言えば、「アクセス数が多い=人気がある」とは違うのかも。
多くの人が"見る"よりも、多くの人が"読む"ことが大切かなと。

6ブログで批判を書く勇気はあるか 

勇気というか、たまに批判のようなものは書いていますね。
ただ、それも「批判してやるぞ!」とは思っていなくて。
結局ぼくのブログは個人の"感想"なので、
思ったことを書けばいいのかなぁと思っています。
なので批判によってどうしたいとかではなく、
単純に自分がどう考えたのかを書くようにはしています。
できればあまり批判はしたくないんですけどね。
「なぜつまらなかったか」を考えるのも含めて作品の面白さかなぁと思います。

7何を目的に書くのか

目的、難しいですね。
ブログを書くのは何個か理由があると思うんですけど、
突き詰めるとやはり自分のために書いているのかなぁと思います。
まずはある作品に対して自分の意思表明をしておきたいというのは確実にあります。
そして「他人のため」というのも考えたんですけど、
言ってしまえばそれも結局は自分のためでしかないのかなぁと。
やはり心のどこかでレスポンスを期待しているんですよね。
それがアクセス数だったり、Twitterでのコメントだったりするんですけど、
やっぱりアクセス数が増えると嬉しいですし、
Twitterで褒めていただけたりすると、本当にやってて良かったなぁと。
そういう意味で自分が書きたいことを書いて、
それが誰かの何かになっているっていうのが一番ですね。



とまあこんな感じに質問に答えてきたわけですが、
ブログを書いてる人の一意見として読み流してみてください。
ただなんかこういうのに答えるのも楽しかったりもしますね。
それでこれ自体が一つの記事になっているっていうのがまた良かったりします。
そういう意味でブログっていいですよね。
本当に好き勝手書いていいんですもん。

あちらのブログではぼくの送った感想に、友人が答えてくれています。
基本的にあちらは日常の出来事を面白可笑しく書くブログなので、
ぼくとはまた違った意見にはなっているとは思います。
最近は彼が友人と行った旅行について書いていて、すごく面白いです。

今までの旅行を振り返る〜群馬編〜|キャプテンのブログ
今までの旅行を振り返る〜福島編〜|キャプテンのブログ
今までの旅行を振り返る〜茨城編〜|キャプテンのブログ
今までの旅行を振り返る〜新潟編〜|キャプテンのブログ

というわけでまたこれからもブログを書いている人として、
いろいろとやっていけたらなと思います。
うん、ブログはいいです。




マキコミの技術マキコミの技術
コグレマサト いしたにまさき

ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略 こう考えれば、うまくいく。 クチコミの技術 広告に頼らない共感型マーケティング キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)

by G-Tools
LHFポッドキャストもよろしく!
lhfpote.JPG
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
addtumblr06.png
クリックお願いします。
目指せ月間1万5000PV!!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
タグ:ブログ 質問
posted by 市村 at 03:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

"ツイッター時代だからこそ、ブログの役割は改めて明確になったんじゃないだろうか"の感想 〜インターネットに浮かぶ「船」と「島」〜

昨日書いたぼくの記事とリンクするような記事を見つけたので紹介です。

ツイッター時代だからこそ、ブログの役割は改めて明確になったんじゃないだろうか。 : tokuriki.com

「マキコミの技術」の感想でも書きましたが、
以前からぼくは「Twitterは"船"、ブログは"島"のようなイメージ」だと言ってきました。
Twitterが生まれたことで、島と島を行き来することが容易になったと。

また昨日のmixiに関する記事でも、サイトには「目的」があり、
それによって、ツールを使い分けることが可能だとも書きました。

それと同じようなことを上のブログでは分さらにかりやすく書かれています。

ここで重要かなと思っているのが「タイムライン」と「コンテンツ」という役割分担。

現在は、TwitterやFacebookなど、コンテンツを生成する場所はリンク先に任せてしまい、自らは「タイムライン」機能に特化したプレイヤーが流行ってきているといえます。
 これは、コンテンツを生成する場所を問わないという意味で、全てのブロガーにとって朗報なはずです。
(記事より引用)

ここで書かれているのは「タイムライン」と「コンテンツ」の役割分担。
ぼくの言葉で言えば「タイムライン=船」で、「コンテンツ=島」ですね。
ブロガーにとって朗報というのは、"拡散"を自ら行う労力が減ったということ。
情報の"拡散"に特化した「船」が発達したからこそ、
「島」はコンテンツを作るほうだけに注力すれば良いんですね。

この記事のタイトルは本当にそのとおりで、
Twitterがある今だからこそ、ブログに価値が出てきたんだなぁと。
というわけでせっせとブログを書いていきたいと思います。
せっせ、せっせ。





マキコミの技術マキコミの技術
コグレマサト いしたにまさき

ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略 こう考えれば、うまくいく。 クチコミの技術 広告に頼らない共感型マーケティング キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)

by G-Tools
LHFポッドキャストもよろしく!
lhfpote.JPG
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
addtumblr06.png
クリックお願いします。
目指せ月間1万5000PV!!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
posted by 市村 at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

"iPhoneで“すれ違い通信”を楽しむアプリ「EncountMe」"の感想 〜場所が持つ価値〜

ネタフルさんで面白い記事を見つけました。

[N] iPhoneで“すれ違い通信”を楽しむアプリ「EncountMe」

一時期ドラクエなどで流行った"すれちがい通信"を、
iPhoneで行えるアプリ「EncountMe」。
面白そうなので、早速ダウンロードして、一日街を歩いてみた。

本日横浜から新宿、そして大学へ行って帰ってきたのですが、
その間に"すれ違った"人は7人。
個人的には普及率を考えるとすごく多いと感じました。
ぼくのようにネタフルを見て昨日登録した方も多そうです。

というわけで7人の方とTwitterアカウントを"交換"したことになるのですが、
いかんせんその後がどうつなげていけばいいか分かりませんでした。
言っちゃえばただ単にすれ違っただけですし、
ここでフォローをしてもそこまでの"つながり"にはならないのかなと。

そこで個人的に用途を考えていたのですが、
やはりイベントなど、「目的を持った集まり」で効果を発揮しそうなアプリだなぁと。
例えば以前ぼくも参加した文学フリマなどで、
このアプリをオンにしたままイベントに参加したとしましょう。
そこで"すれ違った"人は確実に「文学フリマ」の方々なので、
そのイベントに参加している、
つまりパーソナルな共通点を持った方と知り合えるということ。
これだと実際にお話しできなかった方とも、
イベント後にTwitterを通して知り合えたりもするでしょう。

また、サッカースタジアムなどでオンにした場合、
すれ違うのは同じチームのサポーターでしょう。
そこでサポーター同士の交流が生まれることもあるでしょうし、
なんならその場でTwitterを通して一緒に観戦をするなんてこともできるかもしれません。

そういう意味で「目的を共有している場」においては、
もしかしたらスタンダードになりうるくらい強力なツールだと思います。

Twitterによっていろいろな人の"意識"が共有できるようになりましたが、
今後はこのようなログ、つまりは"無意識"的な情報が共有されていきそうだと思います。
「Twitterの次」について議論されていたこともあるとは思いますが、
おそらくはその「次」はTwitterの「上」に構築されるんじゃないかなぁと思います。



というわけで早くイベントみたいなところに参加したいなーと思ってます。
マリノスの練習とか観に行こうかな〜。





マキコミの技術マキコミの技術
コグレマサト いしたにまさき

ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略 こう考えれば、うまくいく。 クチコミの技術 広告に頼らない共感型マーケティング GIGAZINE 未来への暴言

by G-Tools


LHFポッドキャストもよろしく!
lhfpote.JPG

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
addtumblr06.png

クリックお願いします。
目指せ月間1万5000PV!!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
posted by 市村 at 17:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブログの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

"城福ブログ"の感想 〜MovingFootball大好きなんだなぁ〜

元FC東京の監督だった城福浩さんがブログを始めました。

キャンプ地宮崎|城福浩 オフィシャルブログ 「Moving Football」 Powered by Ameba

当時から城福さんファンだったぼくとしては見逃せないニュースですが、
それ以上にサッカーファンなら誰にでも価値のあるものかもしれません。

 私が所属していたFC東京は、ここ数年都城市でプレシーズン
キャンプをしていた。都城市の方々は現場の意見をよく聞いて
くださり行く度にグランドの使い勝手と芝がよくなっていった。
それと特筆すべきは食事。午前、午後とハードなトレーニングを
する中で、選手が厳しさを忘れられる、もっと言えば最大の楽しみ
となっていたのが毎回の食事だった。もちろんスタッフも。
1年分のお肉を食い溜めしておきたいと思わせる上質の牛肉が、
ステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶと手を変え品を変え出てくる。
加えて鳥、魚、野菜、米とどれも美味しい。これでは選手は
頑張らざるを得ない。

 キャンプの肝はグランドと食事

これは鉄則です。
(記事より引用)


まさに監督の目線から語る、プロチームの情報。
ブログと同時にtwitterと有料メルマガも始めたらしいので、
チェックしてみてはいかが?

ブログのタイトルが「MovingFootball」というのがいいですね。
なんかかっこいい。


城福浩 (hjofuku) on Twitter
城福浩の『今魅せる!城福ノート』





KING OF TOKYO O FILME(キング・オブ・トーキョー・オ・フィウミ) [DVD]KING OF TOKYO O FILME(キング・オブ・トーキョー・オ・フィウミ) [DVD]

石川直宏―まっすぐに平常心 JリーグオフィシャルDVD FC東京 シーズンレビュー2009 KING OF TOKYO アマラオ アンチ・ドロップアウト~簡単に死なない男たちの物語 (SHUEISHA PB SERIES) レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏 [DVD]

by G-Tools


LHFポッドキャストもよろしく!
lhfpote.JPG

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
addtumblr06.png

クリックお願いします。
目指せ月間1万5000PV!!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
posted by 市村 at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。