2014年11月08日

ナビスコカップ2014決勝 サンフレッチェの1点目のPKについて

ナビスコカップ決勝をテレビ観戦しました。

広島の一点目だけど、エリア内でのハンドの判定でPK。
「ボールを意図的に手で扱う」ことがハンドリングの定義らしいのですが、
あれは正直厳しいと言わざるをえない。
というか、ファンからしてみれば「先取点なんだから流せよ」と思ってしまいます。

この"ルールを厳格に対応するべきかどうか"っていう問題は以前からあって、
例えば家本主審のゼロックス杯騒動。
この騒動が原因で彼は無期限割り当て禁止の処分も受けているのですが、
あれだって後からは「一つ一つのジャッジは正当」という意見もあったり。
それでも「試合の流れを壊した」、つまりは「共感が得られなかった」ことで処分されています。

今回の先取点のPK判定も僕には同じように思えます。
ファンの焦点は「岩下のプレーについてハンドが適当かどうか」ではなくて、
「試合開始早々のPK判定が適当かどうか」の方に当たってるように思います。

確かにルールに則って1プレー1プレーを厳格にジャッジするのが審判の仕事なのでしょう。
試合の流れがあるからと言って、ルールに反して「見逃す」のは、良くないことだと。
でも極端なことを言えば、それでも「見逃せよ」と思ってしまうのがファン心理です。
逆にあれを流されて「PKじゃねえか!」と憤るファンがどれほどいるのかとも思ってしまいます。

この「ファン心理」が間違っていることは重々承知です。
でもサッカーの試合において、0-0とそれ以外のスコアとでは状況が大きく異なります。
0-0のスコアが続いていて、どちらかが点を入れたら次々と両チームに得点が生まれる、
なんてこともサッカーの試合ではよくあることです。
それほどまでに重要な「先取点」という口火を、
PKというある種のエクストラな手段で与えてしまうのはどうなのか。
そこについては「文句の一つも言わせて欲しい」と思ってしまいます。

試合自体は0-2からの大逆転で、素晴らしい試合を見せてくれました。
でもあの広島の先取点が無かったとしたら、内容も結果も異なっていたはずです。
競技としてルールは無くてはならないものですが、
ファンあっての興行だと考えた時に、審判の介入が果たして有効なのか。
どうなんでしょうね。


審判目線 面白くてクセになるサッカー観戦術 -
審判目線 面白くてクセになるサッカー観戦術 -
posted by 市村 at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

Jリーグ第1節 横浜F・マリノス-大宮アルディージャ

マリノスの開幕戦を観にいってきました。
スコアだけ見れば2-0で快勝のようですが、
試合後の選手コメントでポジティブな声が少ないのは、
大宮の出来があまりよくなかったからかな。

基本的に前から行くのか後ろで守るのかも決まってないみたいだし、
前線のラドンチッチ、そして家長が両者とも周りと合っていない様子でした。

マリノスの方とすれば、
まあ藤本はもちろん良かったし、
伊藤翔のスーパーゴールは凄かったんですけど、
ぼくがコメントしたいのは栗原勇蔵という選手なんですよ。

この人ってたまにポカがあったりして、
安定感に欠けてるイメージがあるんですけど、
そんでもって今日に関しても特に目立ったプレーはありません。

だけど、地味に空中戦に勝ち続けているんですよね。
この空中戦に勝ち続けるって、実はもの凄いことだと思っていて。
今日は伊藤翔が頑張って競り合ってくれていて、
FWとすれば相手に綺麗にクリアさせないだけで勝ちなわけですよ。

これが栗原勇蔵っていうDFは勝ちきれるんですよね。
真上に上げるとか、横に逸らすとか、そういったクリアじゃなくて、
文字通り"跳ね返す"クリアができる。
それって実は大きい貢献なんじゃないかと、ぼくは思うんですよね。

この日だってラドンチッチ、ズラタンっていうFWにほとんど仕事をさせなかった。
別に栗原勇蔵が1人で守ったわけじゃないけど、
要所要所での空中戦はほとんど勝ってるわけで。
あんまり評価されないけど、凄いことだと思いました。


チームで言えば、この日はショートパスが繋がっていた印象。
伊藤翔も頑張ってはいたけど、マルキほど収まるわけではない。
更には中村俊輔にマークが付く中で、
何人かの細かい繋ぎでボールを持てるっていうのは好材料。
特に藤本・中町が繋ぎの中心にいたのかな。
俊輔がほとんど目立つことなく、それでもゲームが作れるっていうのは、
やっぱり藤本の加入は大きかったということでしょう。

不安だった1トップも伊藤翔が合格点を出してくれたおかげで、
なんとか希望が沸いてきました。
あとは本当に強い相手のときにどれだけこういう試合が出来るか。
中村俊輔が脇役になるようなサッカーで勝てると大きいよね。
今年も楽しみ楽しみ。








posted by 市村 at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

「フォルランがやってきた」の感想

ついにJリーグが開幕しましたね。
14時から5会場で同時にキックオフするっていうので、
どの試合を観ようかなーと。
普通に考えたらフォルランで話題のC大阪-広島が鉄板なんだけど、
玉乃淳が解説する鳥栖-徳島もいいなと。
開幕前からフォルランVS玉乃淳の争いがここに。
結局フォルランを選びました。

試合はというと、退屈な試合だった笑
まあ昨シーズンの失点数で言ってもトップクラスの両チームなので、
撃ち合いを期待するほうが間違いだったとは思うけれども。

前半からセレッソの方がボールを持つ回数が多かったのかなと。
やっぱり前線で何人かが絡んだ攻撃はわくわくさせるものがあったけど、
いかんせん動きが少ないという印象を受けた。
なんかフォルランがいることで、周りがそれを意識しすぎているような。
「あ、フォルランさんそこっすか。じゃあぼくはここで」みたいな。
"フォルランがいること"が悪いほうに転ばなきゃいいけど。

広島はゴールに絡んだ石原・塩谷が素晴らしかった。
塩谷は前半から前線に顔を出すことが多くて、それが実を結んだ形。
固い試合の中でそうやって"ポジションを崩す"動きが効果的でしたね。
石原は相変わらず強かった。
ゼロックスでもドゥトラがぶち破られてたけど、
ゴリゴリしたドリブルが効いてましたね。

気になったのは佐藤寿人の交代なんだけど、
佐藤寿人を躊躇なく下げられるのは凄いよね。
確かに石原が良かったし、実際石原を残したのが大正解だったんだけど、
それでもチームのレジェンドを19歳と交代させるのは勇気がいる采配。
こういうことをできる監督がいるっていうのは広島やっぱ恐いわ。

フォルランのスーパープレーが観たい反面、
このまま大人しくしてくれることも願いつつ。
2014年Jリーグ開幕っす。







posted by 市村 at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

2013年のマリノス

2013年Jリーグ最終節。
応援する横浜F・マリノスは川崎フロンターレと対戦しました。
勝てば優勝が決まるこの試合で、マリノスは0-1で敗北。
2位の広島が勝利したために、広島の逆転優勝、マリノスの2位が決まりました。

試合中は最後まで「何が起こるか分からないんだから」と考えていましたが、
マリノスの中村俊輔のFKが川崎のGKに弾かれたところで、
「ダメなのか、、、」と思い至りました。

振り返れば今年はケーブルテレビのJ:COMに加入したことで、
マリノスの試合の7割ほどはTV観戦することができていました。
チームの勢いも好調で、中でも中村俊輔の輝きは突出。
そんな年に優勝ができたら最高、と考えていました。

終わってみれば最後の最後で優勝を逃した形になりましたが、
自分としてはそこまで悲観していません。
やっぱり優勝を見届けたかったのが正直なところですが、
今年のマリノスが強かったのは紛れも無い事実ですし、
中村俊輔の今年の輝きが否定されるわけでもありません。

個人的なことを言えば、嫁はすっかりマリノスにハマったようで、
「次のマリノスいつあるの?」と聞いてくれるようになりました。
来年はスタジアム観戦の回数は今年よりも増えそうです。

結果が全ての世界で優勝できなかったことは事実なんですけれども、
それでも僕は結果が塗りつぶしてしまう、その下にあった課程に関しては、
「最高だったよね」って言えるものだと思っています。

記憶や思い出に"2013年のマリノス"が保存されたとして、
それは"良い思い出"のフォルダにしまうことができると思うんです。

もちろん来年は優勝という最高の結果が欲しいところです。
でも今年だって僕らは負けましたけど、
手に入らなかっただけで、失ってなんかいないんだと。
なんかそう思ってしまうんですよね。
僕が甘いだけかもしれませんが。



夢をかなえるサッカーノート
夢をかなえるサッカーノート中村 俊輔

文藝春秋 2009-09-04
売り上げランキング : 5408


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 市村 at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

マリノス観に行った

先週の土曜日はJリーグを観に行ってました。
例によって、僕、嫁、母、弟の四人で。

嫁はもともとサッカーなんて興味なくて、
この日も最初はブーたれてたんですけど、
いやはや試合の中盤にもなると、
なんとサポーターが歌う歌を口ずさんでました。

まあ試合は負けちゃったんですけど、
すげえ観客いっぱい来てたし、
レベルの高い良い試合だったし、
何より嫁が楽しそうだったので良かったです。

こういう普段サッカーを観ない人と一緒に観てると、
サッカーのシンプルな面白さに気づかせられます。
ゴール入ったら嬉しいし、入れられたら悔しい。
ただそれだけに充分な面白さがあるんだと。

嫁は中村俊輔がかっこいいって言ってました。
理由は「コーナーキックを蹴る人だから」。
ふーん、そこかあ。
そこ、、、なんだなあ。




posted by 市村 at 23:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | サッカーの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。