2013年12月21日

THE MANZAI2013の感想 〜視聴者が観たいのはホームラン王である〜

今年のTHE MANZAIはウーマンラッシュアワーが優勝しました。

WOMAN RUSH HOUR SOLO LIVE DVD I love you
WOMAN RUSH HOUR  SOLO LIVE DVD I love you


まあ個人的には十分楽しめたと思ってるんですけど、
横で見てた奥さんが「なんか盛り上がらなかったね」って言ってて。
確かに盛り上がりって意味では僕も去年ほどじゃなかったなーという印象です。

じゃあなんで盛り上がらなかったように感じたか。
これはTHE MANZAIが観せたものと、
視聴者が観たいものに差があったからだと、僕は思うんです。

そもそもM-1グランプリっていう大会があって。
そっちは回を重ねると共に"傾向と対策"がうたれてしまいました。
世間でも"手数論"という言葉が有名になりましたが、
要は4分の中にどれだけ笑いの"手数"を詰め込めるかの戦いになった。
そして大会は終わりを迎えました。

その後で生まれたのがこの「THE MANZAI」です。
この「THE MANZAI」がM-1グランプリと大きく異るところは、その審査方法です。
THE MANZAIは9人の審査員+視聴者が一票ずつ持っていて、
一番票を集めたコンビが決勝に進出できます。
逆にM-1グランプリの審査は7人の審査員が100点の点数を持っていたわけですが、
この違いっていうのが、"2位を取る意味"なんです。

M-1グランプリは点数制ですから、
例えば審査員全員が2番目の評価をしてもそれなりの点数は入ります。
しかしTHE MANZAIは審査員がどこかのコンビを選ばなければならない。
つまりそれぞれの審査員の"1番"にならなければ一票も票が入らないわけです。

M-1において手数が有効だったのは、その安定性です。
笑いの数が多ければ、一つ一つのボケの良い悪いを別にしても、
その笑いの打率で点数を積み上げることができました。
しかしTHE MANZAIだと"一発"があれば、上に行ける可能性があるんです。

それでもって、今度は手数漫才について書きますけど、
手数は点数が稼ぎやすかったんですけど、一方で視聴者の感想はというとそうでもない。
だって視聴者は別に漫才の技術を観てるわけじゃないですからね。
言ってしまえば印象論というか、インパクトの強さの方が大事で。
手数漫才の問題点はそこにあったのかなと。
つまり審査員の審査と一般人の印象がかけ離れてしまうことです。

前で述べた通り、THE MANZAIでは手数偏重の審査ではなくなっています。
それでも、結果と印象の乖離は起きてしまったんです。
それが『国民ワラテン』という悪魔のシステムです。

国民ワラテンとは、視聴者がテレビを観ながら、リアルタイムで点数を番組に送信し、
その結果が"一票"として結果に表れるシステムです。
ここで問題なのがその審査方法。
「視聴者のみなさんは面白いと思ったらわははと笑う要領で、ボタンを連打してください
これ、何か感じませんか。
そう、これってそのまま手数を評価しますよっていうシステムなんです。

このシステムが、番組が盛り上がるかどうかの瀬戸際で、全てをぶっ壊したと思います。
それはC組の審査のときに起きました。
C組には天竺鼠、NON STYLE、東京ダイナマイト、
そして流れ星がワイルドカードから上がってきました。
「今年の審査員はバランスが取れてるなあ」と思ったのが、
ここで綺麗に評価が3つに分かれたことです。

まず手数の象徴とも言えるNON STYLE。
ここにオール巨人、西川きよし、天野ひろゆきが票を入れました。
やはり"師匠"クラスは漫才の「技術」に票を入れることが分かります。
これはこれで間違いではないと思います。

そしてみのもんたイジリっていう危険なネタを放り込んできた東京ダイナマイト。
ここにはラサール石井、テリー伊藤、高須光聖が票を入れました。
ここで東京ダイナマイトに入れるのは、
おそらく「2本目が観たい」って意味だと思います。
2本目を見させたくするっていうのも立派な作戦の一つですし、
そういうのを面白がりそうな人が票を入れています。

最後に来たのが流れ星。
流れ星が特徴的だったのは「肘神様」のくだりですよね。
僕もここでこの日一番の大笑いしました。
爆発するかギリギリで迎えた最後の最後で、
下位打線の12番打者がホームランを打ったんです。

でもここで悪さをしたのが国民ワラテンですよ。
せっかく審査員が絶妙のバランスでそれぞれの"1番"に票を入れたにも関わらず、
手数に引っ張られたその悪魔のシステムは、NON STYLEに票を放り込むんです。

ウーマンの優勝に文句はないです。
でもかつてHi-Hiやアルコ&ピースが優勝せずとも売れたように、
次世代のスターを輩出するのなら、東京ダイナマイトか流れ星が
決勝に上がるべきだったと、僕は思います。
そこでウーマンに敗れようとも、
この2組なら2打席目でもフルスイングできたはずだから。

たけしさんはさすがで、その敏感な空気に気づいていました。
「速いテンポががーっとくる中で、ゆっくりやると目立つね」
しかし、結果はNON STYLEが決勝に上がりました。
手数に別れを告げたはずのTHE MANZAIですが、
手数以外のコンビを上に上げることはできませんでした。

ここまで書くとNON STYLEや手数漫才を
否定しているかのように捉えられるかもしれません。
別に彼らが嫌いだとかそういうことではないんです。
でも視聴者が観たかったのは、首位打者じゃなくてホームラン王なんです。
技術やテンポが評価されるのも分かります。
それでも観たいのは4分間面白い"良い漫才"じゃなくて、
1回でいいから腹抱えてめちゃくちゃに笑いたいんです。

僕が考えたのは前年度チャンピオンを審査員に入れるという方法です。
さすがに酷というかそこに審査させるのもどうかとも思いますが、
現役漫才師が何を評価するのかっていうものにも興味があります。
国民ワラテンなんかよりよっぽどマシかと。

個別に感想を言うとしたら、
チーモンチョーチュウのハト語の吹き替えとか、
学天即のツッコミフレーズも面白かったです。
それぞれ千鳥とウーマンに負けていった形ですが、
チーモン、学天即、流れ星の決勝の方がワクワクしたよなー。

来年、審査システムが変わって、大きな大きなホームランが観れるといいなと。
次のTHE MANZAIも十分に楽しみです。








2013年08月06日

「小籔千豊のすべらない話」の感想

最近、小藪千豊のすべらない話ばかり観ている。
小藪さんの話ってなにがそんなに面白いんだろうと考えていたんだけど、
一個思い至ったことがある。

プリン

すべらない話って、基本的にはツッコミの芸だと思う。
実体験ってことが唯一のルールである以上、
こういう面白い人いたんですよ、
こういう面白いことあったんですよ、
っていうなにかに対して、語り手は普通の人としてツッコミを入れる。

でも小藪さんってちょっと違うと思って。

例えば「肉食べない」っていうくだりがあるんだけど、
これがまさにそれで。


小籔「ぼく、肉食べないんです。
   牛・豚・鳥、それに類するもの食べないんですけど、
   そう言うと、してくる質問がめっちゃアホで。
   『じゃあソーセージは?』ってくるんですけど、
   食べへんやん。
   ソーセージ、何でできてるか、豚でしょ、食べへんやん。
   『え、じゃあ魚肉ソーセージは?』
   食べるやん!
   魚なんやから、肉ちゃうねんから、食べるやん。
   『じゃあマック行ったら何食べるの?』
   フィレオフィッシュあるやん!
   フィッシュやん、魚やん、食べるやん」


これ、小籔さんは「質問がアホ」っていう体で話してるんですけど、
いやいや普通に考えてこっちからしたら「わかんねえよw」って話で。
そんで極めつけはこの話のオチなんですけど、

小籔「そんで最終的にこう聞いてくるんです。
   『え、じゃあじゃあ無人島行って、めっちゃ腹減ってて、
    肉しかない状況だったらどうすんの??』
   食べるやん!!
   腹減ったけど、嫌いやから食べへんってなるか!?食べるやん!!」


いやいや、わかんないからwww
まあつまり何が言いたいかっていうと、
小籔さんの話ってツッコミの姿をしたボケなんじゃないかと。

小籔さんが話す「こういうやついたんですよ」の、
"こういうやつ"は実は別に普通なことが多くて。
それに対する小籔さんの切り込み方が、
普通の人が引っかからないところに噛み付くというか。
どっちがズレてるかって小籔さんのほうなんですね。

だから小籔さんの話にはよく松っちゃんやジュニアが
「お前だけやw」「ええやろそれはw」ってツッコミ入れてて。
つまりはボケなんだよねっていう。

すべらない話で小籔さんはあの中でも独特な話をすると思ってたけど、
たぶんその理由ってこんな感じのことだと思う。
普通の人のすごい細かい粗にツッコむ、というボケ。
「じゃあわさビーフは?」
「食べるやん!!」


兵動・小籔のおしゃべり一本勝負 其の壱 [DVD]
兵動・小籔のおしゃべり一本勝負 其の壱 [DVD]
よしもとアール・アンド・シー 2009-10-20
売り上げランキング : 7206


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2013年06月08日

バナナマンの2人は、バナナマンの2人で遊ぶ天才

バナナマンのさいしょの本

最近はポッドキャストをよく聴いています。
面白いなあと思うのがバナナマンのポッドキャスト。

やっぱりラジオ番組ってパーソナリティによって特徴が異なってくる。
伊集院さんだったら普通のものを着眼点を変えることで面白くしちゃう。
爆笑問題はネタメールが面白いんだけど、あれは太田さんの読み方が凄い。
東京ポッド許可局は屁理屈の積み重ねだったり、
髭男爵のルネラジは男爵さんの腹黒さがにじみ出てるトークとかね。

そんな中でバナナマンのポッドキャストの特徴っていうのが、
すげー楽しそうっていうところ。
というのも、この2人ってこの2人で遊ぶのが天才的に得意で面白い。

例えばこの前は話の流れから"メジャーで色々なものを測る"ってだけで40分やってた。
ラジオなのにメジャー持ってきて、
日村さんの身長とか、設楽さんの足とか、作家さんの顔とか。
「え、24cmしかない? いや、かかとのここから測らなきゃだめじゃん」
「お前顔の大きさ19cmなの? ちっちゃ!」
みたいな、メジャーで長さ測るだけで一回分。

他の回では「プロデューサーの宮崎さんの下の名前が分からない」ってなって、
そこから「じゃあ当てる?」って言い出してから、
また2人で「宮崎…もりお?」「のりお?」「え、もりおのが近い? じゃあ…もりたろう?」とか。
そんなで一回分やっちゃうとかね。

ラジオで言うと話術っていうのが連想されるけど、
この2人がやってるのは"2人遊び"なんだなーって思う。
思えばこの2人のコントっていうのも、
ほとんど登場人物が"設楽統"と"日村勇紀"だったりしてね。
"2人の関係性"っていうのは変えないで設定だけ変えてたりしてるんですけど、
それも考えたら"2人遊び"っていうところがルーツなのかなあとも。

言ってしまえば話し手と聞き手とかになることは少なくて。
基本的にはなんかこれについて2人でやってみようぜっていうのがほとんど。
そういうラジオって思えばあんまりないよなーって。
基本はコンビでも喋る人と聞く人になるわけで。
そういう意味ではバナナマンにしかできないやり方なのかなーとも。

もうポッドキャストを聴いて5年くらいは経つけども、
やっぱりポッドキャストが好きだなー。
いやー、TBSラジオに感謝感謝ですよ。



JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD DVD
JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD DVD
Happinet(SB)(D) 2010-11-04
売り上げランキング : 33492


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2013年02月14日

R-1ぐらんぷり2013の感想

いやー、R-1ぐらんぷり。
めちゃくちゃ面白かった。
M-1なら漫才だし、キングオブコントはコントの大会なんだけど、
フリップ芸あって、モノマネあって、落語家もいて、パントマイムもいて。
R-1って"一人"ってことしか共通点ないくらい、全員バラバラ。
この異種格闘技感が個人的にはすごく面白いなと思いますね。

まあだからこそ点数より、あの評価方法のほうがいいですよね。
もうなんていうか「こいつのほうが好き!」っていうか。
そこに何点差があるかとかあまり考えずに、
誰が好きかがモロに審査に表れるって感じがよかったなと。

じゃあ右にならって一人ずつ。

<Aブロック>

【岸学】
けっこう好きなタイプのネタだったなー。
べつに何も起こってないっていうね。
あれ、よく最後口にモノ入れながら喋ったよね。
好きなワード:「そう、旅は続く」

【三浦マイルド】
個人的にはそこまでぶっちぎりではないなーと。
でも会場でみるとあの顔とか言い方とか2倍増しなんだろうな。
最初は2枚目の丁寧な"意味"で笑いとってたけど、
いつのまにか3枚目の"例文"が笑いどころになってましたね。
好きなワード:「制裁を加える」

【ヤナギブソン】
これは貼ったり剥がしたりが大変そう。
ゆえに剥がす間もまだ喋ってないといけないっていう。
事実"枚数"としては従来のフリップの
半分くらいしか"打てて"ないですよね。
好きなワード:「ゆずが活きる場所」

【プラスマイナス岩橋】
まだ「ヘミングウェイ」あんまり知らないんですけどw
大阪ではもう誰しもが知ってるネタなんですかね。
相方が巨人師匠のネタやってるのだって、
普通の人はほとんど知らないよね。
好きなワード:「EXILEっぽい曲」

<Bブロック>

【ヒューマン中村】
もう24時間この人のフリップ芸を観ていたい気持ちになる。
この人のフリップネタはネタを言ったあとのつけたしが面白いですよね。
そう考えるとフリップは相方なんですよね。
フリップがボケて、ヒューマン中村がつけたす。
それくらいフリップとの相性が抜群。
好きなワード:「どした、フラペチーノ? フラペチいんでしょうね」

【三遊亭こうもり】
これすごいなって思いました。
ちゃんと"4分の落語"なんだもん。
このあと元芸人じゃない落語家がR-1に来始めたら本当に凄いなと。
最初に"異種格闘技"って書いたけども、
本当にそういう大会になっていったら面白い。
その一歩目として凄く良い人選でした。
好きなワード:「社会派〜!」

【田上よしえ】
いらっしゃいませ!どうぞコチラへ!
かーしこまりましたー!の言い方が最高。
オンバトのときからこのネタ好きでした。
テレビに出て行って欲しいなー。
好きなワード:「Amazonが私をEXILE好きだと決めつけた商品を薦めてくるもんですから」

【桂三度】
こっちはこっちでコントを落語でやってた。
一人コントだと複数のキャラを演じ分けるのって
なかなか難しいところがあるような気がするんだけど、
落語はそれができるからね。
微妙なところで三遊亭こうもりとはカテゴリが違うのは、
三遊亭こうもりは"4分でやる落語"、
桂三度は"落語でやるコント"って感じ。
好きなワード:「寿限無寿限無〜〜〜〜のちょうすけ、ぬ、ごはんよー」

<Cブロック>

【キンタロー。】
面白い、面白いんだけど、
この人は4分の人じゃないんだなって印象。
ものまね王座決定戦の人がやる構成とまったく一緒ですね。
最後に床が落ちればよかったのに。。。
好きなワード:「(アントニオ猪木で)元気ですか?」

【スギちゃん】
面白かったなー。
スギちゃんって、ネタが面白いんですよね。
この人はキャラの人じゃないですよ、
どっちかっていうとネタの人なんですよね。
手書きの「ボツだぜ〜」がずっと面白かった。
好きなワード:「母音の部分だけ捨ててやったぜ〜?」

【アンドーひであき】
「すげえ」の一言。
落語と真逆の方向で異種格闘技感に引っ張ってたのはこの人。
売れちゃうね。
なんでだろう、モノマネしてるときは顔が似るんだよね。
表情の作り方も似せてるんだろうなー。
小栗旬なんてそっくりだった。
好きなワード:喋ってねえw

【雷ジャクソン高本】
スナイパーの的多すぎw
アンドーひであきのあとだから損だったかも。
ずっとビビってる顔作ってるのが面白かった。
好きなワード:「もう文字数なんて無視なんです!!」

<最終決戦>

【三浦マイルド】
個人的にはハマらなかったんだけど、
やっぱり会場受けしたのかなと。
たぶん"そこに西岡さんが居た"感があったんじゃないかな。
西岡さんを"召喚"したことが優勝の決め手ですね。
好きなところ:ちょっとおへそ見えてる

【ヒューマン中村】
フリップで"ドライブ感"を味わったのは始めてだった。
基本的にフリップって"並列"のネタになりがちだけど、
このネタは後半に勢いを生み出してた。
個人的には完全に優勝だと思った。
というかフリップに生きる、その生き様に賞をあげて欲しかった。
好きなワード:「理論上は可能!!」

【アンドーひであき】
「チャップリン」の一言。
チャップリンといい、立川談志といい、
チョイスが高尚っていうね。
これは売れちゃうね。
好きなワード:喋ってねえ!



ピン芸ってすごいな。
ピン芸人ってすごいな。
漫才やコントとは違って、フォーマットが決まってないから、
ここまで多種多様なネタの争いが観られる。
その多様の"面積"をもっともっと広げて欲しい。
一人ってすごい。



10thアニバーサリー R-1ぐらんぷり2012 [DVD]
10thアニバーサリー R-1ぐらんぷり2012 [DVD]
よしもとアール・アンド・シー 2012-09-19
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


キンタロー。について思うこと

キンタロー。が面白いですね。
モノマネも似てるし、ダンス踊れるし、顔も面白い。
まあしばらく面白いと思いますね。

ただね、一個キンタロー。について思うことがあって。

「わたしのことは嫌いでも、AKB48のことは嫌いにならないでください!」

ってあるじゃない。
あれなんだけど、
最近のキンタロー。は

「わたしのことは嫌いでも、AKB48のことは嫌いにならないで◯△×!!!」

みたいにしてるじゃないですか。
もちろん意図的にやってると思うんですよ。
徐々にアレンジを加えるというか、微妙なデフォルメっていうか。
もちろんそういうのってナシではないし、
ある程度のところで飽きはくるのも確実なんだけれども。

ただ、まだ早いよねって思うんですよ。
ぼくはテレビに疎い人間だと思うんですけど、
そうなるとキンタロー。ってまだ"1周目"なんですよね。
まだまだ普通バージョンのフライングゲットが十分面白いんですよ。
その中でもう"発展形"出されちゃうと、
「それじゃないんだよな。。。」ってなるのもあって。
微妙な気持ちになります。

やっぱりどんどん"次"を求められるのは当然なのかもしれませんけど、
個人的には"それだけ"でも面白いんじゃないかなとも思うんですよね
スギちゃんは去年のR-1から、結局1年間売れ続けましたけど、
今年のR-1のネタを観ても、まだまだ"ワイルド"って面白いなって思います。

一発屋の人のネタって、どう考えてもぜんぶめちゃくちゃ面白いですよ。
エド・はるみの「グー!」とか面白すぎでしょ。

だから思うのは、まだまだキンタロー。は"次"いくの早いぞって。
そんなんじゃ自分から賞味期限減らすことになりかねない。
ことわざで言う、「豆腐が自ら炎天下」ですよね。

まあそんなことわざありませんけど。






AKB48 紅白対抗歌合戦 [DVD]
AKB48 紅白対抗歌合戦 [DVD]
AKS 2012-03-28
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。