2015年01月25日

「間宮兄弟」の感想 -「自分の物語」を精一杯楽しむ-

間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産) [DVD] -
間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産) [DVD] -




同じマンションで仲良く暮らす間宮兄弟。兄はビール会社で働き、弟は小学校の校務員をやっている。休日は2人で野球を観たり映画を観たりの毎日。そんな中で女っ気のない生活を変えようと、レンタルDVDショップで働く女の子を自宅のカレーパーティに誘う、というお話。

この映画、最高に響いた。というのも、例えば「リア充」という言葉がある。「リアルが充実しているやつ」の略ということだが、つまり友だちがいっぱいいて、女の子をとっかえひっかえしながら毎日楽しそうに生活している〜等がぼくの「リア充」のイメージだ。一般的に見ればこの「間宮兄弟」は「非リア充」の物語だろう。少しオタクっぽいおっさん2人兄弟がマンションで一緒に暮らしてて、どちらも彼女もいなければ、兄弟以外の友だちも少なそう。休日、スコアをつけながらテレビで野球観戦をする姿なんて「リア充」のイメージに遠く及ばない。

でも、果たしてこの2人自身は自分たちが「リアルが充実していない」と思っているのだろうか。テレビで野球観戦をしているときの真剣な眼差し。2人で映画について語り合っているときの楽しそうな表情。それこそまさに「リアルが充実している」ような顔をしている。

つまり、この映画は「非リア充の物語」では決してなく、「こういうリア充もある」という物語なのだと僕には思える。

物語のメインはこの2人の恋の物語なのだが、彼らは「女の子を家に誘うことができた」「パーティを楽しんでもらえた」ということに一喜一憂する。一般的に恋の物語というと、告白するとか、相手に彼氏がいたとか、それを奪ってやるだとか、そんでラストにキスしちゃうとかがあるけども、この2人にとってみれば、そんなものは必要ない。「女の子を誘う」が一大イベントなのであって、「2人っきりのデートに断られる」が絶望なのである。

物語のラストはクリスマスに弟の携帯にメールが届くところで終わるのだが、これも一般的な価値基準で言えば「これからの未来を思わせる〜」程度な扱いだろうと思う。しかし、彼らの基準で言えば、「クリスマスに女性からメールが届く」こと自体が最高のハッピーエンドなのだと僕には思えるのだ。

僕個人もどちらかといえば「リア充」側の人間ではない。友だちも多くないし、女の子と付き合った経験もほとんどない。やっぱりそういう部分を省みるを自分に自信がなくしてしまう。ただ間宮兄弟はそういうことを悲観していない。「一般的に」とか「他人と比べて」という枕詞を外して、単純に「自分たちが」楽しいと思えることをやって、そして「自分たちが」楽しかったから思い切り笑う。そんな彼らを観た僕には、彼らこそ本当の意味で「リアルが充実している」と思えたのだ。

世の中には色々な人間がいるが、人間は「自分の物語」から出ることはできない。モテないやつが急に女の子をとっかえひっかえしたり、弱いやつが急に世界を救うなんてことはほとんどない。それならば自分にとっての成功で喜び、自分にとっての失敗にだけ悲しめばいいのかもしれない。「他人の物語」に脇役としてわざわざ登場して、悲しむ必要なんてなくて、「自分の物語」の主役として生きていくことが、人生を本当の意味で楽しむコツなのかもしれない。そんなことを映画を観終わって思わせてくれた、間宮兄弟に感謝。


posted by 市村 at 11:16 | Comment(3) | TrackBack(0) | 映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エリカ様でてるやつですね!!面白そう〜見てみたくなりました^^♪♪♪
非リアに見えるけど充分リア充…

>『「自分の物語」の主役として生きていくことが、
人生を本当の意味で楽しむコツなのかもしれない。』

非リアロード爆走中wwの自分にとって最後の段落(特に上記の一文)は
なんだか勇気が出てくる眩しい内容でした!!!
また来ます!!!(^−^)☆
Posted by P at 2015年03月16日 23:26
エリカ様出てます!北川景子も出てます!
そしてどちらもかわいいです!

僕もこの作品観てなんだか元気が沸いた1人です。
こういう邦画のゆるやかな時間の流れ方がとても好きです。
Posted by 市村 at 2015年04月01日 23:00
突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

本が好き!:http://www.honzuki.jp/

こちらのサイトでは、選ばれたレビューアの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。

1.会員登録 
 こちらのフォームよりご登録ください。
 http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
2.書評投稿
 書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
3.ご報告
 貴ブログ名をご記載の上、こちらのフォームよりご報告ください。
 http://www.honzuki.jp/about/inquiries/user/add.html

名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。
Posted by 本が好き!運営担当 at 2017年02月08日 17:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。