2014年10月27日

「アルコ&ピースのANN-2014年10月24日」の感想

スペシャルウィークのこの日は、「読モVSハガキ職人」という企画をやっていた。
「モデルじゃないけど、雑誌に出る」「作家じゃないけどネタを書く」という共通点をもとに、
この同族嫌悪の両者の決着をつけよう、というのがこの日の趣旨だった。

しかしながら、終わってみればtwitter等に「過去最低回」などと書かれる結果。
まあ確かにアルコ&ピースの過去の面白い回に比べたら、劣るのは間違いないかもしれない。

でも今回で思ったのは、アルピーANNの通常回の異常さ。
毎回毎回「今日は秋歌アーティストの乱です」「今日はヒラコザウルスを捕まえます」など、
いわゆる"フツオタ(普通のお便り)"とかけ離れている内容。

つまりはアルコ&ピースは毎回スペシャルウィークをやっているようなもんだったんだなと。
今回の酷評もその期待値ゆえのものだということは明らかだと思う。

にしても、途中でハネないとみるや「反省文」に趣旨を変えて、
そしてそこに本物の佐久間Pからメールが来るっていうオチがつく。
実はこの"Bプラン"用意してたんじゃないの? ってくらい面白かった。

なんなんですか、ハマグリって。


博愛 [DVD] -
博愛 [DVD] -

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407850723

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。