2014年04月17日

アルコ&ピースの「OB」

博愛 [DVD]


アルコ&ピースのライブDVD「博愛」。
そこに入っているコント「OB」が凄く好き。

子供たちに何かを教えている先生、酒井。
そこにその教室のOBである平子が現れる。
「せっかくだし、ちょっとやってくか?」
と酒井が平子に薦め、そしてその教室が
ヤマハのCMの練習をしていることが分かる。

このコントでは登場人物は誰も"ボケ"ていない。
平子はもっともらしく生徒たちに先輩風を吹かし、
酒井は平子におだてられて照れている。
この人たちが「やりそう」とか「言ってそう」なことを、
ただひたすら繰り返しているだけ。
でもその一つ一つに妙な説得力がある。

特に面白いのが最後のオチの台詞。
「それで、ケンさんが電話で言ってたのが…あの、なに君でしたっけ?」
「ああ、ダイキな」
「ダイキくん。あの子は…伸びますね」
「うん、伸びると思う」


お笑いでは"共感"を誘うネタを「あるあるネタ」と呼んだりするけど、
このネタは「あー、あるある」って言うほど"共感"できるわけではない。
こんな教室に通ったこともなければ、
こんな先生にも、こんなOBにも会ったことすらない。
それでもなぜか「こいつら、それ言ってそう!」という、
言葉のチョイスが絶妙。

観ている人の想像力の中にしか"ない"、
そんな「あるある」がそこにはあった。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。