2014年03月03日

Jリーグ第1節 横浜F・マリノス-大宮アルディージャ

マリノスの開幕戦を観にいってきました。
スコアだけ見れば2-0で快勝のようですが、
試合後の選手コメントでポジティブな声が少ないのは、
大宮の出来があまりよくなかったからかな。

基本的に前から行くのか後ろで守るのかも決まってないみたいだし、
前線のラドンチッチ、そして家長が両者とも周りと合っていない様子でした。

マリノスの方とすれば、
まあ藤本はもちろん良かったし、
伊藤翔のスーパーゴールは凄かったんですけど、
ぼくがコメントしたいのは栗原勇蔵という選手なんですよ。

この人ってたまにポカがあったりして、
安定感に欠けてるイメージがあるんですけど、
そんでもって今日に関しても特に目立ったプレーはありません。

だけど、地味に空中戦に勝ち続けているんですよね。
この空中戦に勝ち続けるって、実はもの凄いことだと思っていて。
今日は伊藤翔が頑張って競り合ってくれていて、
FWとすれば相手に綺麗にクリアさせないだけで勝ちなわけですよ。

これが栗原勇蔵っていうDFは勝ちきれるんですよね。
真上に上げるとか、横に逸らすとか、そういったクリアじゃなくて、
文字通り"跳ね返す"クリアができる。
それって実は大きい貢献なんじゃないかと、ぼくは思うんですよね。

この日だってラドンチッチ、ズラタンっていうFWにほとんど仕事をさせなかった。
別に栗原勇蔵が1人で守ったわけじゃないけど、
要所要所での空中戦はほとんど勝ってるわけで。
あんまり評価されないけど、凄いことだと思いました。


チームで言えば、この日はショートパスが繋がっていた印象。
伊藤翔も頑張ってはいたけど、マルキほど収まるわけではない。
更には中村俊輔にマークが付く中で、
何人かの細かい繋ぎでボールを持てるっていうのは好材料。
特に藤本・中町が繋ぎの中心にいたのかな。
俊輔がほとんど目立つことなく、それでもゲームが作れるっていうのは、
やっぱり藤本の加入は大きかったということでしょう。

不安だった1トップも伊藤翔が合格点を出してくれたおかげで、
なんとか希望が沸いてきました。
あとは本当に強い相手のときにどれだけこういう試合が出来るか。
中村俊輔が脇役になるようなサッカーで勝てると大きいよね。
今年も楽しみ楽しみ。








posted by 市村 at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/390409419

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。