2014年03月01日

「フォルランがやってきた」の感想

ついにJリーグが開幕しましたね。
14時から5会場で同時にキックオフするっていうので、
どの試合を観ようかなーと。
普通に考えたらフォルランで話題のC大阪-広島が鉄板なんだけど、
玉乃淳が解説する鳥栖-徳島もいいなと。
開幕前からフォルランVS玉乃淳の争いがここに。
結局フォルランを選びました。

試合はというと、退屈な試合だった笑
まあ昨シーズンの失点数で言ってもトップクラスの両チームなので、
撃ち合いを期待するほうが間違いだったとは思うけれども。

前半からセレッソの方がボールを持つ回数が多かったのかなと。
やっぱり前線で何人かが絡んだ攻撃はわくわくさせるものがあったけど、
いかんせん動きが少ないという印象を受けた。
なんかフォルランがいることで、周りがそれを意識しすぎているような。
「あ、フォルランさんそこっすか。じゃあぼくはここで」みたいな。
"フォルランがいること"が悪いほうに転ばなきゃいいけど。

広島はゴールに絡んだ石原・塩谷が素晴らしかった。
塩谷は前半から前線に顔を出すことが多くて、それが実を結んだ形。
固い試合の中でそうやって"ポジションを崩す"動きが効果的でしたね。
石原は相変わらず強かった。
ゼロックスでもドゥトラがぶち破られてたけど、
ゴリゴリしたドリブルが効いてましたね。

気になったのは佐藤寿人の交代なんだけど、
佐藤寿人を躊躇なく下げられるのは凄いよね。
確かに石原が良かったし、実際石原を残したのが大正解だったんだけど、
それでもチームのレジェンドを19歳と交代させるのは勇気がいる采配。
こういうことをできる監督がいるっていうのは広島やっぱ恐いわ。

フォルランのスーパープレーが観たい反面、
このまま大人しくしてくれることも願いつつ。
2014年Jリーグ開幕っす。







posted by 市村 at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/390177378

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。