2014年01月28日

「最後の大独演会」の感想 〜太田光のそこが好き〜

最後の大独演会
最後の大独演会

談志師匠、ビートたけし、太田光の「最後の独演会」を読みました。
内容としては、談志師匠とたけしさんが話しますよ、太田光も連れてきたよって感じ。

これがひどいひどい笑
ライブをすっぽかした話から始まって、ヒロポンの話、そしてXXX(女性器名将)の話。
おまけでCDがついてるんだけど、よくCDにしたなと笑

もうぼく程度の人間じゃこれの凄さはよく分からないんですが、
その中でも好きだったところを一つ。
談志師匠とたけしさんが「くだらねえことで笑う客はバカ」みたいな話のとき、
この会でほぼほぼ喋ってない太田光がこんなことを言うんですね。

僕はもう笑ってさえくれれば満足なんですよ。笑う客がいい客(笑)


ここ、太田光が照れ笑いしながら言ってますけど、本音の本音だと思うんです。
実は僕は以前こんな記事を書いてるんですけど、

"爆問学問"の感想 〜行き着いた答え〜
"情熱大陸×太田光"の感想 "笑いだ、これこそ最大のテーマなのだ"

太田さんは相手が誰であれ、とにかく笑わせたい人なんですよね。
こういうところかっこいいなーと思っちゃった。





posted by 市村 at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。