2013年06月26日

ガム噛んでたら、舌を噛んで死にそうになった

今日、ガムを噛んでいました。
ロッテのACUO、クリアブルーミント味。
渋谷の薬局で598円で売ってるボトルガムです。

ロッテ ACUO<クリアブルーミント>ファミリーボトル 143g

ぼくはガムの類は基本的に2粒を一つとして口にいれます。
なぜならば、キシリトールガムの横のところに、
「2粒を一回として一日7回を2週間続けると、効果が出始めます」
って書いてあったから。
そこまでして効果が出始める程度かい!
とは思ったけれども。

そんなこんなで2粒を一回とするわけですけれども、
ただ一気に2粒を口に入れるわけではなくて。
まず1粒を口に入れて、十分に噛み。
そして味がなくなったところでもう1粒入れる戦術。
こうすることで味の持続時間を最大値に近づけられるのです。

そしてぼくは1粒目の味が薄れていくなかで、
不意にボトルガムのフタを開けます。
もしもぼくのその様子がテレビ中継されていたのなら、
「おっと、ここで監督動くみたいですね」
「2粒目ですね」
「これはどういう狙いですか?」
「1粒目の味が止まってきましたからね、
 口内を活性化させるのが狙いですね」
みたいなやり取りが行われているはず。

というわけで2粒目を口に入れて数秒。
しかしまだ2粒を一個に混ぜあわせないんですね。
だってここで2粒を一つにしちゃうと、
せっかく新鮮な味を持ってる2粒目が、
味を失った1粒目と混ざることで味が均一化されてしまうため。

なのでぼくは上手く1粒目と2粒目が混ざらないように口の中で維持しながら、
2粒目の味を十分に感じていく作業を行なっていました。

そのときです。

激痛。

それは襲う、舌への痛覚機関の暴れ。

どぅおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

と叫びたかったけれども、今は仕事中。
心の中で絶叫しながら、平静を装う平成25年、今年で25歳。

死ぬかと思った。
生きてて良かった。


posted by 市村 at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367603839

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。