2013年03月23日

【ナビスコ第1節】横浜F・マリノス-川崎フロンターレ

いやー、今年のマリノスは強いですねー。
この試合、川崎が引いて守ったっていうのもありますが、
ピンチらしいピンチはほとんどありませんでしたね。
しつこく守って、最後はクロスから1点。
俊輔も言っていましたが、マリノスらしい勝利でした。

近年、バルセロナの影響からポゼッションっていう言葉が歩きまわって、
ポゼッション率を上げよう、だからパスを回そう!
みたいな風潮がありますけど。
マリノスのサッカーを観ていると、ポゼッションを上げるのに必要なのは、
ボールを失わないことと同じくらい、ボールを奪い返すことが重要なのだなと。

また、今シーズンはクロスに対して中の人数が揃ってることが多くて。
攻め急がずに少しずつボールを運んで、
サイドバックの小林とドゥトラが高い位置を取る機会が増えていますね。
攻撃のときに前に人数をかけられるのも、
そこで奪われてもすぐに奪い返せるからっていうのが大きくて。
今年はカウンターを食らう機会がほとんどないのかなと。

川崎戦に関しては攻めあぐねていた印象もあるんですけど、
セットプレーも含めて、"いつか点入るだろ"感がひしひしとあって。
結局、俊輔-マルキのホットラインから一点入れちゃいましたね。
崩しきらなくても、クロスボールやセットプレーで点取れるっていいですね。
というのも90分のどこかで点が取れれば、後ろは安定していますし。
やっぱり1-0で勝つマリノスがすごく好きですね。

中澤佑二がダイジェストのコラムで書いてましたけど、
ベテランが冷遇される昨今、マリノスが優勝すればその風潮を変えられると。
よくマリノスは若手が育てられないと揶揄されますが、
30歳過ぎても衰えない環境があるのがマリノスなのかもしれませんね。

ただひとつの懸念はこれまで戦ったチームがいずれも下位に沈んでいること。
上位にいるチームと当たったときに真価が問われることになりそうです。



サポーターが選んだ横浜F・マリノス名勝負BEST10 ((Jリーグ・レジェンド)COSMIC MOOK)
サポーターが選んだ横浜F・マリノス名勝負BEST10 ((Jリーグ・レジェンド)COSMIC MOOK)
コスミック出版 2011-11-17
売り上げランキング : 428298


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 市村 at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/350407984

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。