2013年03月10日

【2013年 JFL第1節】町田ゼルビア-福島ユナイテッド 〜それやるならこの先発じゃなくね?〜

町田ゼルビアの試合を観にいってきました。
まあなんていうんですかね。
ちょっと脱力してしまいました。




試合の展開としては、
ボールを持つ町田と4-4-2のブロックを作って守る福島って感じ。
とは言っても町田が一方的に押してたってわけではなく。
基本的に町田はDFラインで回してただけだし、
福島のライン設定も高めに設定されていて、
言ってしまえばボールを"持たされた"町田ゼルビア。

先発メンバーで気になったのはダブルボランチのところ。
ここに太田康介と藤田泰成をチョイスしてたんだけど、
どちらかと言えば守備的な2人を中盤の底に置く布陣。
案の定ボールを持つ展開で藤田泰成がゲームメイクに参加する機会が多いのだけど、
それって適材適所かって言われると疑問。

例えば後半に向がボールを触り始めたところからチャンスが生まれてたんだけど、
それも向が低い位置まで降りてきてボールを触ったりしていて。
それならば誰かゲームを作れる選手を中盤の底に置いて、
高い位置の向に繋げることができれば良かったように思う。

そもそも去年J2にいたチームが今年JFLに上がってきたチームとやるのに、
守備的なMFを2枚底に置くのってビビリすぎじゃない?
こっちが主導権持って戦うならなおさらゲームを作る選手が必要なはずなのに。
ボール回すのにこのダブルボランチっておかしくないですかっていう話です。

そこで町田には庄司悦大っていう選手がいるはずなんですが、
ベンチスタートからとうとう出場はなく。
さらにはチャンスを作っていた向慎一をもベンチに下げる始末。
今日の秋田采配には疑問しか残りませんでした。

町田の狙いは木島と村上っていうスピードを持ったFWを裏に走らせることみたいでしたが、
速い攻撃が仕掛けられないことで、恐さはまったくなく。
なんなら木島にロングボールを当て始める始末。
"それやるならこの先発じゃなくね"の第二弾がここです。

そんなこんなでブロックにパスが引っかかって、
福島のタテに速い攻撃で失点。
それからも町田はほぼ打つ手なしで試合終了。
途中から寒くなるわ、埃が凄いわで、
散々な試合でした。


ちなみに福島のキャプテン背番号6の鴨志田誉に個人的に注目していて。
というのも彼はぼくの地元の栃木SCに在籍していた選手でして、
栃木時代も最も好きだった選手の一人でした。
彼の特徴はその運動量を活かしたハードワーク。
今日も福島の中盤で活躍する彼を観て、敵ながら応援してしまいました。


町田ゼルビアに関して言えば、ちょっと前途が多難だなあと。
確かに北井、勝又、平本、田代が抜けたのは大きいですが、
それ以上にやりたいサッカーが見えてこない。
秋田監督は守備を立て直すみたいなこと言ってましたが、
町田のディフェンスはゆるゆるでしたけどね。

普通にスタメン選んで普通にサッカーやれば一番強いチームなはず。
来年J2で戦うためにも、がんばってもらいたいです。


町田本 (エイムック 2387)
町田本 (エイムック 2387)
エイ出版社 2012-04-26
売り上げランキング : 233770


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 市村 at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/343752622

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。