2013年01月14日

カルチョビットは長続きしないから長続きする

カルチョビットを相変わらずピコピコやっています。
そのカルチョビットなんですけど、一個思ったことがあって。
それが、カルチョビットは"長続き"しないってことで。

例えばゲームで「3時間ぶっ続けでやっちゃいましたー」とか、
そういうの聞くと、すげえやりこんでるなーと思いますけど、
ことカルチョビットに関しては、ぼくは3時間ぶっ続けではできないなあと。

というのも、基本的にカルチョビットって、
試合やって、練習して、試合やって、練習しての繰り返しで。
やり続ければどんどんゲームの中の時間が経過していくわけですけど、
それがなんというかね、すごく"もったいない"んですよね。

例えば試合が終わって、いろいろと思うことがあるわけですよ。
「ああ、あそこであいつが決めてれば勝てたなあ」とか、
「こいつが競り合いで負けなければ失点防げたよな」とか、
「全体的にスタミナが足りないんじゃねーか?」とか。
言ってしまえば、1試合終わるごとにいくらでもその試合のこと考えていられる。

そうなるとね、ポンポン試合をこなすのはなんか違うなあと。
1試合やって、ああだこうだ自分の中で考えて、
反省をして、課題を見つけて、それを改善する方法を考える。
これはそういうイメージを含めての「ゲーム」だから。
じゃあ次の試合、また次の試合、っていうふうにはいけないんですよね。
なので、カルチョビットは1回3DSを開いて閉じるまでっていう意味では、
あんまり長続きしないゲームだなあと実感してます。
2試合くらいやると、そこでもうセーブして3DSを閉じちゃう。
それがぼくのリズムになってます

ただ、一方で閉じた後も考えてるのはカルチョビットのことですけどね。
3DS閉じて、トイレとかいっても、
「逆にボランチを増やして守備に比重を置くか。。。」とか考えてますから。
それで1時間くらい経つとまた3DSを開いて始めてしまうのです。

というわけでね、1回あたりの時間で考えれば、
カルチョビットはあまり長続きしないゲームなんですけど、
長期的に考えると、それが逆に長続きする秘訣になっているような気がします。
短期的にダーっとやりこんでクリアするというよりは、
ちょっとずつ、ちょっとずつ、自分のチームを作っていくゲームかなと。
そういう意味ではすごい自分に合っているなあと感じますね。

ちなみに今は7年目でN1リーグ残留確定。
来季は優勝を狙います。


ポケットサッカーリーグ カルチョビット
ポケットサッカーリーグ カルチョビット
任天堂 2012-07-12
売り上げランキング : 636

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ワールドサッカーウイニングイレブン2013 New スーパーマリオブラザーズ 2 MARIO TENNIS OPEN (マリオテニスオープン) 逃走中 史上最強のハンターたちからにげきれ! とびだせ どうぶつの森


posted by 市村 at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | カルチョビット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。