2011年02月01日

"「日本代表は応援したけど、じゃあJリーグは行きますか?」"の感想 〜ぼくたちファンができること〜

アジアカップが盛り上がって、こういう意見も出ているみたい。

Togetter - 「「日本代表は応援したけど、じゃあJリーグは行きますか?」」

この場所で多く見られるのは、
「こんなに盛り上がったなら、Jリーグも観に来いよ」
って意見なんだけど、
これっておかしいというか、ずいぶんおごった考えだと思うんですよね。

まず、そもそも「代表で騒いだ奴らはJリーグも見ろよ」って言っても、
今回の代表のスタメンでJでプレーしてるのって今野と遠藤と前田くらいなんですよね。
そういう意味でちょっと状況は変わりつつあって。
「代表は観てJリーグ観ない」っていうのはある意味で論理的に正しかったりする。
だから単純に「Jリーグ観ないのはおかしい」とか言っちゃうJリーグファンは
どうなんんだろうとか思うわけです。

思うのはJリーグのファンってどこかで排他的っていうか、
少なくとも周りからは排他的に見えるってことを自覚するべきなのかもしれません。
おそらく門外漢からは「熱狂的な人たち」みたいなイメージがあると思うけど、
ゆったり試合観てる人とかもいることとか、
いわゆる「サポーター」がすべてじゃないよってことを知ってもらうべきだと思います。

そういう意味で「となりの誰かを連れて行く」ことが
一番の近道だとぼくは思います。
「観に来いよ」って言ってるくらいなら、
「一緒に行こうぜ」って手を引っ張ることが大切で。
連れていけば、あとはサッカーの、Jリーグの力を信じればいいんじゃないのかな。
事実、ぼくも友人や彼女をスタジアムに連れていって、
その場はとても楽しんでもらえたみたいだったし。
スタジアムで観戦する魅力はぼくらが一番知っているわけで。
あそこに連れていきさえすれば、きっと好きになってもらえる。
そう思って誘ってみることが大切かなぁと思うんです。

代表の選手たちがこれだけ頑張ってくれた今、
次に頑張るのはぼくたちファンなんじゃないでしょうか。
大好きなJリーグのために、それを伝えることはぼくらにもできることです。
ということで、ぼくもこういうブログを書いてみたりしています。。。





J2白書 2010J2白書 2010
J's GOAL J2ライター班

J2白書―51節の熱き戦い 「最後」の新聞 〜サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」の成功〜 (ワニブックスPLUS新書) GIANT KILLING(18) (モーニングKC) ジャイアントキリング発サッカーエンターテインメントマガジン GIANT KILLING extra Vol.04 (講談社MOOK) やめないよ (新潮新書)

by G-Tools


LHFポッドキャストもよろしく!
lhfpote.JPG

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
addtumblr06.png

クリックお願いします。
目指せ月間1万5000PV!!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

posted by 市村 at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。