2014年10月29日

伊集院光 深夜の馬鹿力 2014年10月28日の感想

■明石家さんまが面白いの話

同業者から見て、明石家さんまがすげえ!っていう話。
伊集院さんのこういう話、すごい好き。
結局はこれに気づくことができるのは、伊集院さんも一流だからなのであって。

伊集院さんの喋りの面白さってどこか”着眼”の面白さがあると思う。
同じものを見ても切り取り方と解釈の仕方で、面白いものにしてしまうという。

これを聴いてまた「明石家さんま」を早くテレビで観たいと思った。
僕らみたいな凡人が見落としていたものを、
「いや、これも面白いんだって!」と輝かせてくれる。
伊集院信者はこの感覚をもれなく味わった経験があると思う。


■将棋プログラムの話

将棋のプログラムが人間より強くなるっていう話。
面白かったのは開発者の人が言ってたこと。

「人間より速く走るオートバイもあるし、180キロ投げるマシンもある」
と伊集院さんが言うと、
「いや、でも人間は速いから人間なんじゃないし、強いから人間なのでもない。
 頭が良いっていうことが人間を担保しているものなんです」
みたいなこと言ってたっていう。

僕も昔、羽生さんが「車は人間より速いけど100m走はなくならない」って言ってて。
それで、なるほどコンピュータが将棋で勝ってもいいじゃんって思ってたけど、
それでもどこかに残る違和感の正体はこれだったのかって感じ。

2045年にコンピュータは人間よりも頭が良くなるらしい。
そしたら人間は頭の良さに価値がなくなるのかな。
例えばキオスクのおばちゃんが、お釣りを瞬時に計算できることに価値がなくなったみたいに。

そうなってくると価値があるのは人間の人間らしい部分?
優しいとか、思いやりがあるとか?
でもそうなったらそうなったで、人間より優しいコンピュータが出てくんのか?
もうそういうのは知らん。



のはなしし -
のはなしし -

2014年10月27日

「アルコ&ピースのANN-2014年10月24日」の感想

スペシャルウィークのこの日は、「読モVSハガキ職人」という企画をやっていた。
「モデルじゃないけど、雑誌に出る」「作家じゃないけどネタを書く」という共通点をもとに、
この同族嫌悪の両者の決着をつけよう、というのがこの日の趣旨だった。

しかしながら、終わってみればtwitter等に「過去最低回」などと書かれる結果。
まあ確かにアルコ&ピースの過去の面白い回に比べたら、劣るのは間違いないかもしれない。

でも今回で思ったのは、アルピーANNの通常回の異常さ。
毎回毎回「今日は秋歌アーティストの乱です」「今日はヒラコザウルスを捕まえます」など、
いわゆる"フツオタ(普通のお便り)"とかけ離れている内容。

つまりはアルコ&ピースは毎回スペシャルウィークをやっているようなもんだったんだなと。
今回の酷評もその期待値ゆえのものだということは明らかだと思う。

にしても、途中でハネないとみるや「反省文」に趣旨を変えて、
そしてそこに本物の佐久間Pからメールが来るっていうオチがつく。
実はこの"Bプラン"用意してたんじゃないの? ってくらい面白かった。

なんなんですか、ハマグリって。


博愛 [DVD] -
博愛 [DVD] -

2014年10月14日

キングオブコント2014の感想 〜シソンヌがつまらないと言われる理由〜

キングオブコント2014はシソンヌの優勝で幕を閉じた。
しかし、どうやらシソンヌに対して「つまらない」という意見も多いらしい。
そこに対して少し考えてみた。

■シソンヌのネタに台詞の面白さはない

シソンヌのネタの最大の特徴は、面白い台詞がないことだと思う。
このように書いてしまうと誤解が生まれるかもしれないが、
要は面白さの種類の違いがそこにはある。
シソンヌのコントは「状況の面白さ」を切り取ったコントなのではないか。

2本目のネタが特にそうだが、あのコントの台詞を書き起こしてみたとしたら、
おそらく画期的なボケや、特徴的な言葉遣いなどはない。
2人は失恋した女性と、慰めるタクシードライバーというキャラの範囲でしか喋ってなく、
"お笑いお笑い"したツッコミの台詞や、奇をてらった大ボケなどもない。
それだからこそ、笑いの採点表があったとしたら、
「台詞」の点は0に近いと思う。

■審査員が芸人という意味

「台詞」の面白さはほぼ0、それでも彼らが優勝したのはなぜだろうか。
それは審査員が芸人だったというところに大きなポイントがあるような気がしてならない。
あそこに審査員として座っている若手芸人は、ただの若手芸人ではない。
彼らもまたこのキングオブコントに出場し、惜しくも決勝進出を逃したれっきとした実力者なのである。

シソンヌのネタには「台詞」の面白さがないと書いたが、
一方で「状況」の面白さがあると僕には思う。
そして「世界観」とも表現される、その「状況」の面白さというのは、
簡単に作れるものではないのだと思う。

例えば台詞の面白さは「足し算」で作れる面白さだ。
ある状況下で最も面白い台詞が一つあり、その返しとしてまた面白い台詞が一つある。
一つ一つが面白さを持っていて、それが合わさって一本のネタの印象となる。

対して状況の面白さは決して「足し算」では作れない。
一つの台詞が大きな面白さを持っていない以上、
そのやりとりの膨らみだけがそのネタの印象となる。
一つの台詞を間違ってもネタの印象は大きく損なわれるだろうし、
それはまるで複雑に入り組んだパズルのような構成になっているのだろう。

これらを踏まえた上で、考えられるのは、
シソンヌのネタが芸人たちの「すげえ!」をより多く集めたということだ。
対戦相手のチョコレートプラネットのネタも確かに面白かった。
それ以前の3組を蹴散らすほど、インパクトもあったし、なにより笑いの量が大きかった。
しかし、シソンヌのネタはそれを超える、作り手からの「すげえ!」があったのではないか。
プロの芸人が認めるほどの「世界観」、それがシソンヌの最大の勝因ではないか。

■「台詞」なのか「状況」なのか

個人的には従来のキングオブコントは「台詞」の勝負だったように思う。
審査員100名による採点方式で勝つには、大多数を納得させる「説得力」が必要だからだ。
過去の例を見ても、かもめんたるは一つ一つの台詞を研ぎ澄ましていたし、
バイきんぐの「なんて日だ!」は審査にトドメをさした。

今回で言えばラバーガールが「台詞」を研いできたコンビだったように思う。
彼らの口からも「優勝」という言葉が出ていたが、相当「優勝」を意識したネタだった。
ボケの大水さんのほぼ全ての台詞が、力強い「台詞」重視のボケだった。
しかし皮肉なことに、その「台詞」への迎合は
どこかでネタ全体のテンポを狂わせていたように思う。

「台詞」なのか「状況」なのか。
どちらがコンテストでは有利なのか、
また審査システムの変更がどう影響があったのかはわからない。
しかし今回は結果として、部分主義的な「台詞」ネタではなく、
全体主義的な「状況」ネタが優勝を奪っていった。
それは紛れもない事実であり、その事実が今後の芸人さんたちのネタ選びに影響する可能性はある。

■まとめとして

ここまで、シソンヌの優勝を擁護するような内容を書いてきたが、
正直言って、僕はチョコレートプラネットに優勝して欲しかった。
この日に笑った順番としては、チョコプラの2本目、バンビーノの1本目、チョコプラの1本目の順。
チョコプラの2本目の「九条伸明」という「台詞」は、(台詞というか人の名前だけど)
個人的には大いに「説得力」を感じさせるものだった。
後からネットで「陣内のパクリ」という意見も見たが、
チョコプラのコントは「映像へのツッコミ芸」ではないし、
映像使ったネタが全部陣内のパクリになるのは、それはおかしいと思う。

シソンヌを面白いと思えない、そういう人もいるのかもしれないが、
そういう人は「台詞」の面白さを重視している人なのではないだろうか。
一方で、シソンヌは「状況」の面白さでキングになった。
それがこの評価の分かれの最大の要因のような気がする。

審査システムに対する否定的な意見もあったが、
個人的には一長一短かなと思う。
10組から5組に絞るのは一騎打ちで、そこからは点数とかもいいかと思うが、
それはそれで複雑になるのでなんとも言えないところ。
それよりはその審査システムがどのように結果に影響して、
その上で何が起こっていたのかを考える方がよっぽど楽しい。
ここに書いたことも誰かにとって共感されても、誰かにとっては反感を買うかもしれない。
でもそれがお笑いだし、それが面白い。
昨日のコントも、そうだったのだと思う。



キングオブコント2014 [DVD]
キングオブコント2014 [DVD]
よしもとアール・アンド・シー 2014-12-24
売り上げランキング : 477


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。