2014年02月01日

「綱引いちゃった」の感想 〜主婦の団体戦は面白い〜

綱引いちゃった [DVD]
綱引いちゃった [DVD]


いやー、めちゃくちゃおもしろかったー。
泣いちゃいましたよ。そしてめちゃくちゃ笑いました。

ストーリーとしては市役所員の井上真央が「綱引きでPRしろ」って言われて、
給食センターのおばちゃんたちと綱引きチーム作るって話で。
まあウォーターボーイズとか、フラガールとか、それ系のよくある感じっちゃ感じで、
観終わって何か学べるような映画ではないんですけど、2時間すげー楽しめた。

ただそういう系と大きく違うのは登場人物がおばちゃんっていうところで。
この人たちはそれぞれ家では役割があって仕事があって、
その事情を抱えて練習に参加しているんですよね。
認知症の父を持つ渡辺直美、血の繋がってない息子を持つ西田尚美、
そして夫が仕事ができなくなったことでみんなに内緒でバイトを掛け持ちしてた浅茅陽子とか。

なんかこの主婦特有の立ち位置みたいなところが面白くて。
そうやってそれぞれ違う立場にある人たちが、全員で一本の綱を引く。
松坂慶子が「人生は団体戦」って言うんですけど、
主婦は家に帰るとまた違う団体の一員にならなきゃいけないというか、
それぞれの"家族"っていう団体のひとりである主婦が集まったのがあのチームで。
そういう意味で主婦の団体戦っていうのが、この映画の面白さでした。

また、良かったのは配役。
井上真央を筆頭に、西田尚美、渡辺直美、ソニン、そして松坂慶子。
特に松坂慶子が最高でした。
陽気なオモシロおばちゃんを演じながら、
浅茅陽子が倒れる場面ではそのおばちゃんの友情に泣かされました。

観る前は大して期待もしてなかったんですが、泣いて笑えて最高でした。
調べたら監督はドラマ「Woman」の演出なのね。
そりゃ良いわけだわ。

綱引いちゃった [DVD]
綱引いちゃった [DVD]
バップ 2013-05-22
売り上げランキング : 27341

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
謝罪の王様 [DVD] そして父になる DVDスタンダード・エディション カラスの親指 by rule of CROW's thumb  通常版【DVD】 鍵泥棒のメソッド [DVD] 謝罪の王様 [Blu-ray]





posted by 市村 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。