2014年02月22日

カウンターカルチャーに対するクロスカウンターカルチャー

嫁の一番好きな映画が「ロード・オブ・ザ・リング」だということをバカにしていた時期があった。
というのも、映画というものは、"他人が知らない自分だけの作品"を探すものであり、
そんな"王道中の王道"を一番好きな映画にするってどうなの?
と思っていたからである。

しかしながら、そんなことを言われて改めて「ロード・オブ・ザ・リング」を観てみると、
これがなかなか、いや、というかあの壮大な世界観や圧倒的なリアリティ、
"こことは違う、もう一つの世界を観せられている"ような映像美は、
映画にしかできない表現なんじゃないかと。
これが、これこそが映画なのではないかと、思わされてしまった。

そもそもの話をすると、ぼくが好きな映画というのは、
「ジャージの二人」とか「ロックンロールミシン」とか、
"何も起こらないけど、何かが変わっている"ような映画で。
「これこそが映画!」に対して、「これ"も"映画だ!」っていう作品が多かった。

何が言いたいかというと、ぼくの趣味嗜好には、
そもそも「これこそが映画!」のような"王道"に対しての、
ある意味での"カウンター"というか、”逆張り”の意識があったのだと思う。
サブカルが好きな人には共感して貰えると思うけど、
"他人とは違う自分だけの作品"っていう要素が凄く大事で、
誰かが先に群がっているなら、自分はそこにはいかない」みたいな。
謎の出遅れ感を感じて、自分はまた新しい作品を探すっていう。
だからこそ「これ"も"映画だ!」を好きになっていた部分があった。

そんな王道に対するカウンターの意識を常に持ち歩いて生きてきたが、
なんというか25歳にもなると、そろそろ肩肘張るのにも疲れてきたというか、
もちろん一緒に生活する嫁の影響もあるんだけど、
そもそも何かを楽しむのに色々考える必要あるのか???
と、このブログを真っ向から否定するようなことも思ったりして。

"王道"を否定してきたぼくが、"王道の否定"を否定し始めるという、
なんというか、"カウンター"に対する"カウンター"、
あしたのジョーで言うところの”クロスカウンター”がばちんとハマってしまったような
そんなこともあって、「ロード・オブ・ザ・リング最高!!」と思ってしまっている。

音楽に関しても最近良いと思ってるのは「世界の終わり」。
これなんかも中高生に人気というだけで、もう入っていけなかったはずなのに、
ポップなメロディとファンタジー系の歌詞がなんか真正面からすげー良いと思えて。
「"王道"を背負うってすげえことだよな」みたいな謎の上から目線で語ったりしてる。


というわけで最近思ってるのは、「他人と違うものを楽しむ」のではなくて、
「他人と同じものをどんだけ楽しむか」みたいなところなのかなと思ってる。
結局のところは楽しんだモン勝ちだろうと。
コアでマニアックな作品も良いんだけど、王道は王道でやっぱり単純に面白いよねと。
だって王の道だもん、王の。
キングのロードだもん。

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還
そこに繋がんのか?




ロード・オブ・ザ・リング [DVD]
ロード・オブ・ザ・リング [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2014-02-19
売り上げランキング : 11033


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 市村 at 09:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

ライムスター宇多丸が嫌いになってきた

ライムスター宇多丸さんの映画批評が嫌いになってきた。

一番最初に映画批評のコーナーを聴いたときは、
水道橋博士も言ってたけど
つまらないということを面白く話す天才」だと思ってた。
色んな映画に対して、過去に自分が得てきた膨大な知識でもって、
その方法論や手法に照らし合わせて作品を語る。
それが凄いと思ってた。

ただ最近それが変わってきた。
というのも宇多丸さんの映画批評っていうのはある種のメソッド至上主義というか、
良いとされてる手法がどれだけ入っているかどうかで映画を判断しているように感じる。
ここが良かった、ここが悪かった、と挙げていくんだけど、
その理由はほとんど映画メソッド的に良いか悪いかだけで。
言わばフィギュアスケートの採点をしているかのような、
トリプルフリップは何点で、ダブルアクセルが何点、
着地で失敗したから減点で、転んじゃったらもうダメみたいな。

もっと言えば、どうも先に結論ありきの論法になってる気がしてならなくて。
その結論に持っていくための道具として、
完全武装された理論を使ってそこに論旨を持っていくという。

というのも、この人って実は好き嫌いが激しいようにぼくには思える。
大絶賛してたのがラップを題材にした「サイタマノラッパー」だし、
さっき聴いた「漫才ギャング」は単に品川監督自体が嫌いなように聞こえた。

好き嫌いがあることは別に良くて、
というか好き嫌いで語ることのほうが全然面白いと思うんだけど、
「好き」「嫌い」っていう主観を、
「手法」や「技術論」という一見客観的な論理で語る
のが、
どうも「うるせえな」と思うようになってしまいました。

最近は嫁と一緒に映画を観ることが多いんだけど、
こういう人と観てると、今までの「手法が〜」とか「技術論が〜」という
そういう観方が正しいのか?と思うようになってきて。
映画的に良くなくても、なんとなく楽しければいいんじゃないの?って。

「お酒好きな人は酒を悪く言わない。
 そういうやつは語ってる自分が好きなだけだ。
 本当の酒好きはどんな酒でも美味そうに飲む」


なんかこんな話がどこかにあったけど、
こっちの方がぼくは正しいように思った。


映画の見方がわかる本―『2001年宇宙の旅』から『未知との遭遇』まで (映画秘宝COLLECTION)
映画の見方がわかる本―『2001年宇宙の旅』から『未知との遭遇』まで (映画秘宝COLLECTION)町山 智浩

洋泉社 2002-08
売り上げランキング : 15724


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 市村 at 18:49 | Comment(21) | TrackBack(0) | 映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「嫁がコンパクトミラーを欲しがる」の感想

なんか巷ではセーラームーンのコンパクトミラーが話題だそうです。
1回300円のガチャポンなのですが、売り切れ続出でどこにもないらしい。
うちの嫁も数日前から「欲しい欲しい」と大騒ぎ。
先週末も電気屋やオモチャコーナーを一緒に歩き周りました。

そして今日、祝日でも仕事がある嫁は休みのぼくに、
「暇ならコンパクトミラー見つけて来なさい」と言ってきました。
ぼくは「めんどくさいから嫌だよ」と断ったのですが、
すると嫁は一言こうつぶやきました。

「かぐや姫ってこんなだったんだろうな」


うるせえよ。


posted by 市村 at 13:51 | Comment(2) | TrackBack(1) | 嫁の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

嫁がキャプテン翼を観たらしい2

嫁がキャプテン翼を観始めて数日が経った。
この前はついに三杉くんが登場したらしく、
仕事中もそれに関するLINEが送られてきたのだけれど、

「見過ぎくんが出てきた! かっこいい見過ぎくん!」


ちげえ。。。。。

「"三杉"だよ」って教えたら、
「どおりで」だって。

ちなみに三杉くんの彼女が翼に心臓病のことを教えたシーンでは、

「あのバカ女何やってんだよ!
 
 本気じゃない翼に勝っても、何の意味もないんだよ!!!」


うん、正しい。。。
posted by 市村 at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 嫁の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

嫁がキャプテン翼を観はじめた

キャプテン翼・ベスト11


最近、嫁がケーブルテレビでキャプテン翼を観ているみたいで。
その感想というか、反応が面白かった。

「なんかキーパーが帽子かぶってんだけど。

 反則じゃないの?」


確かにな。
今の人はかぶってないもんな。

あと森崎がボール取れないことを怒ってた。
「森崎が全然ボール取れないの!」だって。
恐えんだからしょうがないだろ。




posted by 市村 at 21:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 嫁の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。