2014年01月14日

「戦術に関してはこの本が最高峰」の感想 〜サッカー戦術の資料集〜

戦術に関してはこの本が最高峰―これぞサッカーの「戦術学」 全世界30クラブ解体新書
戦術に関してはこの本が最高峰―これぞサッカーの「戦術学」 全世界30クラブ解体新書

サッカーの戦術本を読みました。
これを読んで思ったのは、"戦術"ってなんなんだろってこと。

この本ってこんなタイトルがついてるから、
「作戦一覧」みたいな内容なのかなーと思ってたら、
内容はクラブごとに切り分けられた30個のコラムになっているんですよね。
ミランならミランの、バルサならバルサの、
これまでの歴史と、ある地点での一つのスタイルに焦点を当てて、
どういう経緯があってなぜこういうスタイルに行き着いたかっていう。

"戦術"っていうと、フィールドの上で用いられるもののように思われますが、
この本を読むと、一つのチームがその"スタイル"に行き着くまでには、
監督がどういう哲学をもっていて、そしてチームにはどういう選手がいるのか、
またそのクラブにどういう文化があって、果ては時代がどのような流れの中にあるのか。
そこまで考えられた上で、初めて試合で使われる"戦術"がチョイスされるものなのかなと、
この本を読んで思いましたね。

個人的に面白かったのは、"ウイング"というポジションの歴史。

70年代までは花形ポジションだったウイングも、
80年代に入ると減少の一途をたどり、
ウイングバックという名のサイドバックが取って代わる。
さらにデビット・ベッカムに代表されるクロッサーがサイドに現れる。
ところが、90年代から徐々に本格派のウイングが見直されはじめ、
21世紀になると運動量が豊富で守備のできるドリブラー、
ウインガーの発生で再び"市民権"を得るに至った。
(本文より抜粋)


これを読んで分かる通り、時代によって"戦術"というものは
その姿を大きく変えているものなのですが、
それもこの世の中に最強の"戦術"なんてないからだと思うんですよね。
ある"戦術"が流行りだすと、それに対抗するための違う"戦術"が発明される。
そしてその"戦術"が流行りだし、さらにそれに対抗する"戦術"が編み出される。
そのようなある種の"食物連鎖"的に変移してきた戦術の歴史。
ウイングというポジションが"運動量"を携えて再び歴史の表舞台に上がってきたように、
そのサイクルは螺旋状に上へ上へと進化の道を進んでいるのです。

この本が発売されたのが2008年なので、
この5年間でさらに現代サッカーの"戦術"は形を変えている部分はありますが、
今のサッカーがどの"文脈"から紡がれた未来なのかを知る上でも、
歴史の資料集」として、とても有益な本だったと思います。

願わくばこの形式のJリーグ版が読みたいと切に思いました。
誰か書いてください。




posted by 市村 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

すべらない話 MVS全員集合の感想 〜ほっしゃんがMVSを獲った理由〜

人志松本のすべらない話 第24回大会完全版 [DVD]
人志松本のすべらない話 第24回大会完全版 [DVD]

すべらない話を観ました。
THE MANZAIの優勝商品のひとつとして、
「すべらない話の出演権」がありましたけど、
まさか今回は過去のMVS全員集合の回とはね。

とまあそんなこんなですべらない話ですが、
今回は色々な意味で面白い回だったよねと。
過去のMVS受賞者が集合ということで、
つまりはほとんどがレギュラーメンバーというか、
もう"すべらない話"の百戦錬磨の猛者たちの集まりで。
そうなるとパターンとして色々な"話"が聞けた回なのかなと。

そもそもすべらない話って何種類かのパターンに分けることができるんです。
まず基本は「こういう変な人がいたんですよ」っていう話。
自分の"家族"や”相方”の話が多いのも、これが理由で、
簡単に言えば面白い人の面白い行動や言動を紹介しますよっていう。
すでに他人が"ボケ"として存在しているので、
話者の自分は"ツッコミ"として話すことができるのが特徴。
言ってしまえば誰が喋っても再現ができる、
一番簡単にできる"すべらない話"だと言えます。

次によくあるのは「自分が変な人なんですよ」っていう話。
今回で言えばウーマンの村本がモロにそのパターンでしたが、
ケンコバや宮川大輔もその傾向の話は得意な気がします。
これの少し難しいところは、自分が"ボケ"であることによって、
ある意味でのあざとさを上手く隠さないといけないところでしょうか。
その部分で言えばケンコバや宮川大輔は"変態"、
ウーマン村本は"クズ"というキャラを立てることで、
上手く成立させていると思います。

またもう一つあるパターンが、
"ツッコミ"をしてるんだけど、その"ツッコミ"自体が"ボケ"になってるパターン。
例えば小籔さんがその最たる例で、
これは過去にも書いたんですけど、
今回も「変なおばちゃんがいたんですよ」っていう話をしながら、
聞いてるほうからしたら「それそんなにつっかかるようなこと?」って話で。
最終的には「おつかれマッホー! をどんだけおすねん!」を
松本さんに「お前がおしてるんやろ!」ってツッコまれてるという。
言ってみれば"ちっちゃいことにめちゃくちゃツッコむ"っていう"ボケ"みたいなもので。
小籔さんや、木村祐一がこのパターンですよね。

で、今回のMVS大集合の回はまあ色々なパターンが観れたなと。
上に挙げた3つはもちろん、けっこう短めの話があったりね。
その中で特徴的だったのが"新しいパターン"の話があったことで。
それがほっしゃんの「オネショ」の話かなと思うんです。

今まで挙げたパターンっていうのはどこかに”ボケ”があって、
それを紹介したりツッコミを入れたりですべらない話として出されてたんですけど、
今回のほっしゃんの話は自分でも「誰も悪くないんですよ」って言ってましたけど、
言い換えれば「誰も"ボケ"てない」話でもあるのかなと。
登場人物が誰も変なことをしてなくて、
話者のほっしゃんも特にツッコミを入れるわけでもない。
それでも全部聞くと面白い話になっていて、
かつ加えて"いい話"の要素も入ってるような。

もしかしたら笑いの大きさで言えば、
すべらない話で話すことではないかもしれません。
でもすべらない話が回を重ねてきた今だからウケる土壌というか、
"いい話"も入った面白い話としてひとつの"すべらない話"になったという、
言ってしまえば今回のほっしゃんは、すべらない話の"新たなパターン"を
生み出したからこそのMVSだったのかなと思っています。


個人的なことを言えば、僕が一番面白かったのは
塚地の「クラスメイトのしばっち」の話です。
奇しくもこれも誰も"ボケ"てない話になるのですが、
「昔話みたいな結末」っていう表現が最高で。
単純な"笑い"要素の大きさだけで言えばそこまでではないんですけど、
なんともいえないこの"インタレスティング"の方の面白さというか。
これも"面白い"以外のもう一つの要素が入った"すべらない話"で。
とても好きな話でした。

まあ今回はウーマンの村本がスベったんじゃないかみたいなところが注目されてますけど、
話の内容で考えても色々と面白いことが起こっていたなという回でした。
今後すべらない話に出る人たちは"家族"や"相方"の話に逃げずに、
新しいパターンを示して欲しいですねー。




2014年01月09日

やわらかい歯ブラシの感想 〜ふぉにゃっと感がたまらない〜

デンターシステマ ハグキプラス ハブラシ 超コンパクト やわらかめ 1本
デンターシステマ ハグキプラス ハブラシ 超コンパクト やわらかめ 1本


最近、歯ブラシを変えたんですよ。
もともとは"かため"の方がいいかなと思いこんでたんですけど、
歯医者さんで聞いたら、"やわらかめ"の方がいいらしいんですね。

なんかよく分からないけど、結局ばい菌を取り除くには
そこに毛先が届かないと意味が無いと。
そうなると"かため"っていうのは結局のところ毛が"太い"。
ゆえに同じ面積でも毛の本数が少ないらしくて。
逆に"やわらかめ"の毛っていうのは"細い"から本数が多いのだと。

まあそんな風なことを聞いたんだけど、
ぶっちゃけそういうのはどうでもいいというか。
どうでもよくはないけど、よく分からないすって感じ。

ぼくが言いたいのはそういう難しい話ではなくてですね。
"やわらかめ"って気持ちよくない?
ということですよ。

あの"ふぉにゃ"っとした感覚でしゃこしゃこしゃこ歯を磨くんですけど、
なんというか絶妙なまでの心地良い刺激で、
あれがなんともたまらんのですよ。

"かため"で磨いていたときは、時にそれは痛みを伴って。
もはや”修行”とか"刑罰"の一種なのではと錯覚するような。
そもそも僕は歯ぐきからすぐ血が出ちゃうんですけど、
当時のぼくが歯を磨いてぺっと吐き出すと、
洗面台が赤く染められたことでした。

"やわらかめ"にしてからはそんなこともほとんどないし、
やはりその”ふぉにゃっと”した感覚が気持ち良いしで、
これはもう更なる心地よさを追求したくなってしまいますな。

今のところはデンターシステマの超極細毛を使っておりますが、
この歯ブラシというジャンルをもうちょっと突き詰めてみたい気持ちになりました。
みなさんはどんなの使ってます??




posted by 市村 at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日々の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

イロモネアには欠陥がある

次長課長・井上聡のごきげんよう、ゲームです
次長課長・井上聡のごきげんよう、ゲームです


年末のお笑い番組シリーズ第二弾はイロモネアです。
もうイロモネアもずいぶん長いことやってます。
当時はバナナマンが「イロモネアからでてきた芸人と言われたい」
などと言っておりましたが、今やもう売れっ子中の売れっ子ですね。

そんなイロモネアですが、今回はなんというか僕自身あまり楽しめませんでした。
なんだか盛り上がりに欠けるし、途中で退屈になってしまい、
とうとうテレビをつけながらレッドカーペットの記事を書き始めてしまいました。

今回思ったことは、イロモネアには欠陥があるよねということです。
今まではそんな欠陥が分からないくらい面白い番組だったんですけど、
今回は特にいくつかの欠陥がオモテに出てしまっていたように思います。

まずひとつに、大オチが見れないということです。
これはどういうことかというと、福田彩乃のネタの時に特に思ったのですが、
"もしも半沢直樹の大和田常務が竹内結子さんだったら"というネタのとき。
まあこのタイトルの時点で面白いので、分からなくもないんですけど、
竹内結子のモノマネでちょっと嗚咽を漏らしながら、土下座の体勢に入っていくと。
ここで3人が笑ってクリアになるんですけど、
このときクリアの直前で福田彩乃はなんか言おうとしてるんですよね。

おそらくは竹内結子のモノマネで大和田常務の土下座の台詞なんですけど、
このネタってそこが一番面白いじゃないですか。
というか、僕がそこ聞きたかったじゃないですか。
でも聞けないんですよね、クリアだから。
これがまず一つ目の欠陥で、一番面白いところの前で終わっちゃう可能性があると。
テレビ観てる僕はこのときに「残念だなー」と思ってしまいました。

2つめの欠陥は、これ近年お笑いの見かたの変化だと思うんですけど、
スベリ笑いでクリアになっちゃうってところ。
例えばコンビの人とかが一人ずつギャグをやるっていう時とかね。
一人目が何かやって、明らかにそうでもないウケなんですけど、
その"そうでもなかった"が笑いになっちゃうっていうね。
まあスベった面白さもあるっちゃあるんでしょうけど、
イロモネアで観たいのってそこかなと。
2個目のネタのモーションに入りかけてるのに、
なんか微妙な間で「クリアー!」ってなると、またまた「あ〜あ」となってしまう。

イロモネアの最大の魅力って、
"残り数秒で出てくる奇跡"みたいところだと思ったりしますが、
スベリ笑いでクリアとかになっちゃうとそれもなくなっちゃうし、
ポンポン進んでラストチャレンジでダメって人多かったですよね。
なーんか以前に比べて盛り上がりに欠けるのはそこも関係あるんじゃないかと。

画期的というか、今までにない部分の"筋肉"を使う番組だっただけに、
他のネタ番組にはない面白さがあったイロモネアです。
”大オチが見れない”、そして"スベリ笑いでクリア"。
これらを解決するのはズバリ、鉄仮面のような観客ではないでしょうか。
もはや観客などではなく、"刺客"と称して笑いにくい人を集めるとかどうでしょう。
もっともっと追い込んで、厳しい人でやって欲しい。
だって、そこで生まれる奇跡が観たいんですもん。






2014年01月06日

新春レッドカーペット2014の感想 〜順番待ちが起こってる〜

シリアル電気 [DVD]
シリアル電気 [DVD]


正月の里帰りも終わり、自分の家へと帰って参りました。
というわけで正月に撮りためていたお笑い番組を消費する毎日。
最初に観たのは新春レッドカーペットでございます。

まずね、単純に面白かったコンビを挙げていきます。

・チョコレートプラネット「医者のキャッチ」
・ザ・ギース「HELPの発音」
・我が家「合ってるのにツッコミ」
・佐久間一行「みんなおんなじなんだから」
・ラバーガール「予約してないですけど〜、予約入ってます?」
・日本エレキテル連合「ダメよ〜ダメダメ!」
・銀シャリ「間違って覚えた桃太郎」
・しずる「バグんなよ」


えー、まあこれは単純に僕が「わはは」と笑ったコンビなのですが、
なんというか、2014年の新春とは思えないラインナップ。
キングオブコントファイナリストから、R-1の王者まで。
「2014年売れる芸人はこの中にいる!」
みたいなキャッチフレーズついてたけど、
だとしたらだいぶ順番待ちが起きているなと。

奇しくも前回の"確変"はこのレッドカーペットで起きていたんですけど、
レッドカーペットが終わって、ネタ番組がどんどんなくなって。
何かの大会の"ファイナリスト"しかテレビでネタができないという。

だからなのか、やけにクオリティが高い。
以前の新春レッドカーペットとかはもっと知らない芸人がたくさんいて、
ほとんど笑えないようなネタもたくさんあったのに。
知名度もまあまあの芸人がしっかりとしたネタをやってて。
特にコント勢の質が高かったように思います。


それと一個思ったのは、漫才の型をいじるネタが多かったかなと。
和牛の「頑張りましょうって言ってないやん」とか
天竺鼠の「やめさせてもらうんやろ?」とか。
偶然かもしれないけど、こういうメタ的なのがゆるく流行りかけてるんですかね。
「◯◯やるから、××やって」っていうのももうお決まりになってますけど、
なんかそれすらもメタろうとするネタがあったりでどうなっていくのやら。

まあでも個人的にレッドカーペット賞を選ぶなら、
ダントツで日本エレキテル連合ですね。
「ダメよ〜ダメダメ!」
なんすか、あれ笑
最高です。


上に挙げた8組がちょうど8組なので、
このメンバーで"何か-1グランプリ"やって欲しいわ。





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。