2014年01月28日

「最後の大独演会」の感想 〜太田光のそこが好き〜

最後の大独演会
最後の大独演会

談志師匠、ビートたけし、太田光の「最後の独演会」を読みました。
内容としては、談志師匠とたけしさんが話しますよ、太田光も連れてきたよって感じ。

これがひどいひどい笑
ライブをすっぽかした話から始まって、ヒロポンの話、そしてXXX(女性器名将)の話。
おまけでCDがついてるんだけど、よくCDにしたなと笑

もうぼく程度の人間じゃこれの凄さはよく分からないんですが、
その中でも好きだったところを一つ。
談志師匠とたけしさんが「くだらねえことで笑う客はバカ」みたいな話のとき、
この会でほぼほぼ喋ってない太田光がこんなことを言うんですね。

僕はもう笑ってさえくれれば満足なんですよ。笑う客がいい客(笑)


ここ、太田光が照れ笑いしながら言ってますけど、本音の本音だと思うんです。
実は僕は以前こんな記事を書いてるんですけど、

"爆問学問"の感想 〜行き着いた答え〜
"情熱大陸×太田光"の感想 "笑いだ、これこそ最大のテーマなのだ"

太田さんは相手が誰であれ、とにかく笑わせたい人なんですよね。
こういうところかっこいいなーと思っちゃった。





posted by 市村 at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

「雨ン中の、らくだ」の感想 〜談志を語ることは落語である〜

雨ン中の、らくだ
雨ン中の、らくだ

「雨ン中の、らくだ」を読みました。
内容としては本文にも書いていますが「志らくと談志と、時々、高田文夫」の通り、
落語家立川志らくの"談志と過ごした日々"のような感じ。

実はぼく、落語を聴いたことがあんまりないんですね。
唯一、立川談志と太田光の「笑う超人 立川談志×太田光 [DVD]」を買ったことがあるくらいで。
そういう意味では立川志らくはおろか、談志の落語すらもあんまり知らないって感じです。

でも、立川談志は好きというか、立川談志についての話がすごい好きなんですね。
今までも伊集院光、太田光、それこそ立川談春の「赤めだか」も読みました。
彼らの語る"立川談志"の話がすごい面白くて。
そこには尊敬があって、愛があって、そして彼らの思う"談志象"があって。
「立川談志という人にこんなことを言われた」
「立川談志はこれをこんな風に言っていた」
それについて彼らは溢れんばかりの熱量で、
「それってこういうことだと思うんだよね」って語るんですよね。

それで、志らく師匠の「雨ン中の、らくだ」でこんなことが書いてあるんです。
「落語は解釈だ」「落語は想像力だ」って。
落語というのは同じ話でも噺家によってその細部には違いがあるらしいんです。
「あの人はこの話を感動モノとした語ったが、この人はナンセンスな笑いにした〜」的な。
昔からある話に対して、噺家が自身の解釈を加えてオリジナルの話にすると。

これって色々な人の語る"立川談志"と同じだなと、僕は思うんです。
立川談志という偉人に対して、自分はどう関わり、そしてどう解釈したのか。
それが立川談春の「赤めだか」であり、立川志らくの「雨ン中の、らくだ」なのではないかと。
つまり彼らは"立川談志"という噺を語っているのではないかと僕は思いました。


赤めだか
赤めだか立川 談春

扶桑社 2008-04-11
売り上げランキング : 17182

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
雨ン中の、らくだ (新潮文庫) 立川談春“20年目の収穫祭” 人生、成り行き―談志一代記 (新潮文庫) ま・く・ら (講談社文庫) 全身落語家読本 (新潮選書)

posted by 市村 at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

「Chikirinの日記」の育て方の感想 〜HOW TO本というかWHY TO本〜

「Chikirinの日記」の育て方
「Chikirinの日記」の育て方ちきりん

ちきりんブックス 2013-11-26
売り上げランキング : 1048


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ちきりん電子書籍を購入してみました。

内容としては、ちきりんさんがブログを通して、
やったこととその理由、そしてやらなかったこととその理由、という感じ。
言ってしまえばそれ以上でも以下でもないのですが、あくまで意図的にそれのみを書き綴ったように、ぼくには思えました。
本文の中で、「ブログはひとつの記事でひとつのテーマ」とありましたが、この電子書籍も同じようにひとつのコンセプトしか乗せていない、ということなのかと思いましたね。

途中読んでいて、「それ、ただの自慢じゃねーか」と思うところが何箇所かあったんですけど、
しかしそれはちきりんさんが、やったこととその理由と同じように、できたこととその理由についても惜しげも無く書いているからじゃないかと。
逆にそこまで自分の書いたブログを明確に客観視できていることがすげえなと。
ちきりんさんは仕事としてマーケティングをやっていたそうですが、自分のブログもマーケティングの対象のひとつとして捉えて、それを売り出す方法を考えていたのではと思いました。

基本的には「これはちきりんの日記の作り方で、一般的には参考にならない」と書いてあった通り、これの真似をしたところで同じように成功できるかと言ったらそうじゃないと思いますが、
ちきりんさんのように 何をやるか、何をやらないか、そして何ができるようになりたいのか、を明確にすることは参考になるんじゃないかと。
言い換えれば、方法論の真似ではなくて、方法論を編み出す方法は真似する価値があると言えます。

how to本というのがありますが、その意味ではこれはwhy to本と言ったほうがいいかもしれませんね。
どうやるのか、ではなく、それをなぜやるのか
そしてその答えは自分の頭で考えようみたいな感じですかね。

そんじゃーね。




posted by 市村 at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

LHFポッドキャストがダンコンさんに賞をもらいました。

いやー、びっくりしました。
ダンコンさんの昨年末のブログ。

輝け、俺が勝手に選んだラジオ大賞2013!!

ここに、僕が喋っている番組がランクインしていたのです。
それがこれ。

<冨樫で賞>
『LHFポッドキャスト TAKE OUT』
「うわーん、最新回が聞きたいよお〜」
 ↓
「更新されないよお〜」
 ↓
「ちきしょお〜」
 ↓
「あっ更新されてる。ありがてーありがてぇ!(今ココ)」



まあ正直めちゃくちゃ嬉しかったですよね。
ダンコンさんっていうのは「タイムマシン部」を筆頭にポッドキャストでよくメールを読まれている、ポッドキャスト界では知る人ぞ知るカリスマリスナーさんなのですが、実は僕らのLHFポッドキャストを本当に初期の方から応援してくださっていて。
それこそポッドキャストを始めてまだ数回目ってときにメールをくれて。
これまで、ぶっちゃけ自分で聴いても本当に面白いのか疑問に思うこともあったんですけど、
あのダンコンさんに褒められたってだけで、相当自信になりましたね。

そもそもポッドキャストをやろうと思った理由とかも明確な何かがあるわけじゃなくて、僕自身がてってと喋っててめちゃくちゃ楽しいからってだけなんですけど、それでもこうやって誰かに楽しんでもらってるのであれば、こんなにラッキーなことはないです。
最初にてってにこんなことを言ったのを覚えています。
おれたちが目指すのは、6人だ」と。
その頃は登録者数が分かるサービスが存在してたんですけど、その数字として6人くらい登録してもらえれば御の字だろうと。
それくらい志は低かった、というか何も志してなかったというか。

そのサービスは何年か前に終了しちゃったんですけど、最終的に2000人くらいまで増えたんですかね。
6人が目標だったので、7人目からは夢見心地な感じでどんどん更新してたんですけど、更新したら登録者数が増える感じもありつつそのときはとても楽しかったです。

でもそのサービスが終わってから、なんというか目標がなくなってしまったというか。
6人目指してたやつが何言ってんだって話ですけど、やっぱり聴いてくれる人が目に見えて増えるのは嬉しかったのもあり、その楽しみが急になくなってしまったんですよね。
さらには大学卒業も重なって、更新頻度がガクンと減ってしまったんです。
聴いてくれてる人には申し訳ない話なんですけど、たぶんあのときのポッドキャストやってる人たちは誰しもちょっとモチベーションが落ちたと思うんですよね。
素人のポッドキャストなんて相当の人気番組じゃないとメールもほとんど来ないのが現実だと思うんですけど、その中で"登録者数”って数字は大きかったと思うし、少なくとも僕はそうでした。


そんな中でね、こうやって"賞"に選んでもらったのがすごく嬉しいってことなんです。
中には僕の知らないところでずっと聴いてくれている人もきっといて、それも凄くありがたいことなんですけど、やっぱり褒められると嬉しいのは当たり前のことで、こうやって声に出してくれるととても励みになります。
たまにTwitterで感想を言ってくれる人も、何気なく言ってくれてるのかもしれないけど、こっちはめちゃくちゃ嬉しいんだぞと。
気負って「毎週更新だ!」みたいなことはちょっとできませんけど、聴いてくれる人がいるんだって思うと「更新しなきゃな」と思います。

それで、目標がなくなったみたいなことを書いたのですが、実は最近思ってることがひとつあって、それを目標にしてる部分が個人的にはあるんです。
それが「誰かの何か」っていう言葉で。
別に誰に向けるとか、そしてその人の何をどうするとかはぶっちゃけ分からないです。
ただやめないで、ダラダラやってれば「誰かの何か」にはなるだろって。
それくらいでいいのかなって思います。
というかそれくらいがいいのかなって。

まあそんなこんなで何書いてるのかよく分からなくなっちゃいましたけれども、ポッドキャストに対するやる気はすごく出てきました。
みなさんもこれからもLHFポッドキャストをよろしくお願いします。
聴いて感想くれると凄く嬉しいです、僕は。
てっては知らないけど。


ダンコンさんの「輝け、俺が勝手に選んだラジオ大賞2013」の<富樫で賞>を受賞したのはコチラの番組!
LHF03.JPG
posted by 市村 at 02:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日々の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

お正月、面白かった芸人

お正月、撮りためていた番組を一通り観終わりました。
というわけで面白かった芸人をまとめてみたいと思います。

・日本エレキテル連合
「レッドカーペット」、「おもしろ荘」で観せた「ダメよ〜ダメダメ!」のネタが最高。
2014年最も期待したい若手ですね。
それこそキングオブコントとか出て欲しいな〜。

・バナナマン
「東西ネタ合戦」のヒム子のネタがこれまた最高。
というか何回か観たことあって、内容も大きく変わってないけど、
ヒム子のキャラが一段とハマってきていて、最後なんか僕もちょっと泣きそうになった。
来年もドリームマッチじゃなくて東西なのかなー。
でもバナナマンの長尺コント観られるなら、それも良いかなと思った。

・フットボールアワー
「爆笑ヒットパレード」のネタが面白かった。
新ネタだし、加えて新しいパターンというか。
「焼かんでええやん!」で押すネタなんだけど、どこかざっくりハイタッチの空気を感じた。
あそこから生まれた流れをネタに活かした感じなのかな。

・宮川大助・花子
「爆笑ヒットパレード」で一番の驚きが大助花子師匠だった。
いや、自分でもびっくりしてるんだけど、めちゃくちゃ面白かった。
別に新しいことやったわけでもないし、もちろん前から知ってたんだけど、
改めてみるとすげえ面白いパターンの漫才やってるなーと思った。

・ドランクドラゴン塚地
これは「すべらない話」。
「昔話みたいな結末」って今聴いても面白いわ。
そしてそれがただ笑いの面白さだけじゃなくて、なんだこの感じ? っていう。
前に出した子どもに「ドランクドラゴン」って呼ばれる話も良かったし、もっと話芸の番組出て欲しい。


こんな感じでしょうか。
まあ思ったのは本当の若手が少ないというか。
中堅あたりがみんなネタできちゃうし、そして番組も減ってるしっていう。
M-1は「10年過ぎて売れてない芸人を諦めさせる」みたいなのあったけど、
今それが15年とか20年近くになってきてるんでしょうね。
最近で芸歴少なくて売れてるのは、、、アントニーか。
すげえなハーフ芸人。






広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。