2013年08月19日

嫁のおばあちゃんがやっている旅館に泊まった

お盆はお休みを頂いて、嫁のおばあちゃんちに行ってきました。
実は嫁のおばあちゃんの家は旅館をやっていて。
秋田の山の奥にある小さな旅館なのですが、
そこでの一日が最高でした。

山と山の間にある小さな集落。
周りに何があるわけでもなく、
携帯電話の電波もあまり入らない。
そんな中で過ごす一日。

汗をかいたらお風呂に入って、
お腹が空いたらご飯を食べて、
眠たくなったら布団に入って、
明るくなったら目を覚まして。

普段は左腕に腕時計をつけて生活をしていますが、
文字通り時計から開放されたかのような時間の流れ方。
お風呂あがりに火照る体を涼ませながら、
ぽけーっとただ座っていることのなんと至福なことか。

都会の生活は何をするにもどこかで時間に紐付いているけれども、
"今何時?"から切り離された一日っていうものを経験してしまうと、
いやはや人間、そっちは間違いなんじゃないかというような。

温泉に浸かったのも凄い良かったんですけれども、
あの"生活に浸かった"っていうのがなかなかに大きくて。
これは定期的に行きたいと思ってしまいますよ。
嫁に、そしてその家族に感謝です。
posted by 市村 at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「風立ちぬ」の感想

風立ちぬを観てきました。

スタジオジブリ作品ポスターコレクション ミニパズル150ピース 風立ちぬ 150-G44

これ、飛行機を作った人の話っていうのが一般的なんだと思いますが、
完全に個人の話をさせてもらえば、
仕事から帰ってくる人の話でした。

もう、ひとつのシーンが全てを物語ってて。
菜穂子に手繋ぎたいって言われるシーン。
左手は奥さん、右手で仕事。
タバコを吸いたくなったら、鉛筆を置くんですよ。

物語は淡々と進みます。
そしてあのシーン。
ぼくは映画館で殴られたみたいに泣きました。
普通の映画は物語の流れで感動する準備ができてるものだけど、
いきなりどーん!って涙が襲って。
堪えきれず嗚咽をこぼすところでした。

感情の移入先によって、大きくその姿を変えるように思います。
素晴らしい作品でした。
posted by 市村 at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

「小籔千豊のすべらない話」の感想

最近、小藪千豊のすべらない話ばかり観ている。
小藪さんの話ってなにがそんなに面白いんだろうと考えていたんだけど、
一個思い至ったことがある。

プリン

すべらない話って、基本的にはツッコミの芸だと思う。
実体験ってことが唯一のルールである以上、
こういう面白い人いたんですよ、
こういう面白いことあったんですよ、
っていうなにかに対して、語り手は普通の人としてツッコミを入れる。

でも小藪さんってちょっと違うと思って。

例えば「肉食べない」っていうくだりがあるんだけど、
これがまさにそれで。


小籔「ぼく、肉食べないんです。
   牛・豚・鳥、それに類するもの食べないんですけど、
   そう言うと、してくる質問がめっちゃアホで。
   『じゃあソーセージは?』ってくるんですけど、
   食べへんやん。
   ソーセージ、何でできてるか、豚でしょ、食べへんやん。
   『え、じゃあ魚肉ソーセージは?』
   食べるやん!
   魚なんやから、肉ちゃうねんから、食べるやん。
   『じゃあマック行ったら何食べるの?』
   フィレオフィッシュあるやん!
   フィッシュやん、魚やん、食べるやん」


これ、小籔さんは「質問がアホ」っていう体で話してるんですけど、
いやいや普通に考えてこっちからしたら「わかんねえよw」って話で。
そんで極めつけはこの話のオチなんですけど、

小籔「そんで最終的にこう聞いてくるんです。
   『え、じゃあじゃあ無人島行って、めっちゃ腹減ってて、
    肉しかない状況だったらどうすんの??』
   食べるやん!!
   腹減ったけど、嫌いやから食べへんってなるか!?食べるやん!!」


いやいや、わかんないからwww
まあつまり何が言いたいかっていうと、
小籔さんの話ってツッコミの姿をしたボケなんじゃないかと。

小籔さんが話す「こういうやついたんですよ」の、
"こういうやつ"は実は別に普通なことが多くて。
それに対する小籔さんの切り込み方が、
普通の人が引っかからないところに噛み付くというか。
どっちがズレてるかって小籔さんのほうなんですね。

だから小籔さんの話にはよく松っちゃんやジュニアが
「お前だけやw」「ええやろそれはw」ってツッコミ入れてて。
つまりはボケなんだよねっていう。

すべらない話で小籔さんはあの中でも独特な話をすると思ってたけど、
たぶんその理由ってこんな感じのことだと思う。
普通の人のすごい細かい粗にツッコむ、というボケ。
「じゃあわさビーフは?」
「食べるやん!!」


兵動・小籔のおしゃべり一本勝負 其の壱 [DVD]
兵動・小籔のおしゃべり一本勝負 其の壱 [DVD]
よしもとアール・アンド・シー 2009-10-20
売り上げランキング : 7206


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。