2013年07月27日

「松田直樹を忘れない。~闘争人II 永遠の章~」の感想

松田直樹を忘れない。~闘争人II 永遠の章~ (SAN-EI MOOK)
松田直樹を忘れない。~闘争人II 永遠の章~ (SAN-EI MOOK)

松田直樹がこの世を去って2年。
マリノスを解雇されてから、彼が志半ばで倒れるまでを綴った本を読みました。

実はこの「闘争人」は前作があります。
そっちはまだ松田直樹がマリノスにいた時に出た本で、
彼のサッカー人生を振り返るような内容だったんですけど、
正直あんまり良い出来ではないなと思ってたんですよね。

そんで「闘争人U」を読むわけですが、
これはもうアツさが全然違って。
「松田直樹はこういう人間なんだ!」っていうのが、
凄い伝わってくるように感じたんです。

そこで思ったのが、たぶん前作って本人から直接話を聞いて書いた本だと思うんです。
半生を語る上でのエピソードとか、あのときなんて言ったかとか。
一方で今作はもちろん周りの人間にしか話が聞けないわけですよね。
それでもなぜか今作のほうが内容が濃いっていうのは、
たぶんそれこそが松田直樹という人間を象徴していると思うんです。

例えば昔話をしていて、言った方は覚えてないけど、
言われたほうは凄い覚えてるってことよくあるじゃないですか。
なんかそういう部分があるんじゃないかと思って。

冒頭に佐藤由紀彦が松田にある相談をされたシーンがあるんですけど、

「俺はユキに比べると、まだ状況的にいいな。
 お前は厳しいな、しんどいな。
 俺、いいな、マリノスいいな」


松田直樹はこういうことをズケズケと言っちゃう人で。
事実、佐藤由紀彦はこれに対して少しムッとしたらしいんですけど、
こういうのって、絶対言ったほうは覚えてないですよね。
特に松田直樹みたいな人間は気にしてもいないと思うんです。

この他にも松田直樹が生前に言ったこと、やったことが周りの人間の視点で紹介されます。
そのエピソードの一つ一つが濃いのは、
言われた方、やられた方の記憶に深く残っているからなんじゃないかと。

だからこそ今作はアツいんです。
「人はいつ死ぬと思う?」「人に忘れられたときさ」
ってONE PIECEのドクターヒルルクは言ってましたけど。
周りの人間が語る"松田直樹"は彼らの中で"生きてる"んですね。
読んでいてそれは凄い感じたし、
栗原勇蔵の言葉もそれを物語ってます。

作者「お墓参りには行かないと聞いたんだけど」
栗原「うん、行かないようにしている。だってそれだと死んだ人みたいだから」


自分自身を自分勝手なまでに周りに振りまいていた人間の、
その染み出た人間性の一つ一つを絞って集めたような一冊。
彼がどれほどの人に愛され、どれほどの人に支えられていたのか。
「おれ、好かれてるのかなあ」
って言っちゃう彼自身が、一番"松田直樹"を知らなかったのかもしれません。

本を長い時間読まないぼくですが、あまりのアツさに一気に読みきってしまいました。
「松田直樹というはこういう人間だ!」
というのが嫌というほど分かる本です。
彼自身が知らなかった"松田直樹"を、多くの人に知ってもらえますように。


松本山雅劇場 松田直樹がいたシーズン
松本山雅劇場 松田直樹がいたシーズン宇都宮徹壱

カンゼン 2012-07-19
売り上げランキング : 168768


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 市村 at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

モンスターズ・ユニバーシティで好きなところ

映画『モンスターズ・ユニバーシティ』を観てきた。
ネタバレはしないけど、好きなところを一つだけ。

大学の授業でマイクが発言するときなんだけど、
「うなり声のポイントは…5つあります!」
って言いながら、片手をパーにして、
もう片方の手は指を1本出すの。

普通に考えたらそれって"6"じゃないですか。
パーが5本で、プラス1本だから。
でも、よく見るとマイクの指って"4本"なのね。
だから、"5"を表現するのに、
両手使わなきゃいけないんですよ。

ああ、こういうところだなあって。
好きでした、ここ。


モンスターズ・インク [DVD]
モンスターズ・インク [DVD]アンドリュー・スタントン

ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント 2007-06-20
売り上げランキング : 54


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 市村 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コインランドリーの進化前

南武線は宿河原で降りたのだけれども、
宿河原の町並みって素敵。
昔ながらの銭湯があったり、
基本的に町並みが古き良い感じ。

特にぼろっちょいコインランドリーが良くて。
そもそもランドリー感があんまりない。
っていうのも外観が普通の民家なのね。
大きく「コインランドリー」って書いてなかったら、
たぶん誰も洗濯できないような。

そんでびっくりしたのが、
なんか普通の洗濯機だったこと。
コインランドリーってなんか専用の、
なんかゴワンゴワンってやつを想像するけども。
普通の洗濯機がいっぱい並んでるの。

「たぶんおれが知ってるやつの"進化前"だ」
そう思った。

Laundry [ランドリー] [DVD]
Laundry [ランドリー] [DVD]森淳一

メディアファクトリー 2002-10-04
売り上げランキング : 12872


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 市村 at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

ちゃりんこ

友だちっていいですよね。
久々に友人数名と電話したんだけど、
喋ってる間に、なにかを取り戻している自分がいて、
忘れていた自分にまた会えた感覚がふんわりと滲んでいます。
あの頃の友だちに会うっていう行為は、
どこかであの頃の自分に会うことに似ていて。
つまりは友人の中に化石のように保存された自分があって、
それを取り戻しにいくことに似ているような。
そう考えると自分の中にも"誰かの何か"はきっと残されていて、
それをまた渡してあげることにもきっと価値はあるのだなと。

起き抜けに飲むコーヒーの味は、どこか麦茶のような味がして。
というよりほぼ麦茶というか、いやちょっと待てよこれって麦茶?
と思って確かめてみたら、ポン酢でした。

ナシメント・サルサーノ「三連休の初日は病院に行く予定」より抜粋
posted by 市村 at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。